邦画

映画「しあわせのパン」ロケ地は北海道洞爺湖のカフェ!あらすじ、感想、ネタバレあり。

f:id:kishimakishima:20180607175541j:plain

今すぐ映画を見る≫

公開:2011年  上映時間:114分  主題歌:矢野顕子 with 忌野清志郎
「ひとつだけ」

「アイアムヒーロー」の主演を務める大泉洋が、イケメン?さわやか青年として登場する雰囲気映画。

でもその雰囲気が好き!

カフェ、木漏れ日、塩パン、ほっこりまったりが好きな人は好きな映画です。

邦画の悪いところがいっぱい詰まってるけど、こんな映画もアリだ思います。

キャッチコピーは「わけあうたびに わかりあえる 気がする」。

ということでこのページでは映画しあわせのパンのあらすじ、感想、ロケ地を紹介します!

あらすじ

りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、パンカフェ「マーニ」を開店する。

夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を作るのは妻の担当で、いつも季節の食材をふんだんに使った料理がテーブルを彩っていた。

そんな「マーニ」には、それぞれ何かしらの事情を抱えた客たちが店を訪れるものの、帰りには不思議とみんな心が軽くなっているのだった…。

ヒューマンドラマというジャンルになるんでしょうけど、心揺さぶられるようなドラマは特にないです。

小物はかわいいし、パンはおいしそうだけれど、登場する夫婦(原田知世と大泉洋)が人間っぽくないんですよね。

特に原田知世は雰囲気にとけこんでいいんですけど、どこか空虚というか…。

感情も出さないし。

妖精夫婦がパン作ってるのかな?って感じです。

四季折々にお客がやってきますが、そのお客さんもキャラがたっているわけではないので、物語がフワフワと進みます。

ラストに登場する老夫婦の話は良かったですけどね。

まあ薄っぺらいと言えば、薄っぺらい。

特筆することもないので、感想という感想が書けないくらいです。

でも好きなんですよね。

じっくり腰を据えてみたことは一度しかありません。料理をしながら、掃除をしながら見ることが多いです。

6時間くらいずっとテレビで流していた時もありました。

しずかーに進む物語が、まったりした休日にぴったりなんです。

激しく心を動かされるわけではないけれど、悲しい気持ちになることもない。

のんびり屋には合っている映画です。

素敵なシーン

f:id:kishimakishima:20180324035940j:plain

やっぱりパン!

スープも素朴でおいしそう!

チーズたっぷりのじゃがいももホクホク!

「しあわせのパン」を見ているとお腹が空いてきます。

木のスプーンや木のコップが欲しくなります。

大泉洋、原田知世はどうなの??

原田知世はすごく綺麗だし、透明感あるので、映画の雰囲気にとてもマッチしています。

ならば大泉洋はどうなのか?

「ギアいじったっけ ロー入っちゃって もうウィリーさ」なーんて言って笑いを取る大泉洋はいません!

ニコニコ爽やかさ全開の大泉洋がここにいます!

しかも意外と合うんですよね、爽やか役。

ほかのもっと爽やかな俳優がやっても良かったんでしょうけど。

私は大泉洋で良かったと思いますよ。

まあ彼の顔を見ただけで笑い出しちゃう人には、「しあわせのパン」の視聴は困難でしょう。

いつもとちょっと違った大泉洋が見たい方にはおすすめです!

まとめ

ファンタジーと言えばファンタジーです。

ご都合主義と言えばご都合主義です。

でもつまらない映画!ではありません。

何も入っていない素朴なパンのように、ほのぼのできる映画も、あっていいんじゃないでしょうか

映画を見る≫