邦画

映画「電車男」ラストシーンは夢オチを表している?あらすじ、感想、ネタバレあり。

f:id:kishimakishima:20160504175012j:plain

公開:2005年  上映時間:101分 主題歌:オレンジレンジのラブ・パレード

一昔前に話題になったドラマ「電車男」の映画です。

ドラマとのつながりは無いので、予備知識が全くなくても楽しめます!

オタク男と美人OLのラブストーリーはディズニーの「美女と野獣」を思い出させます。

ネット用語やネットのノリが嫌いな方にはおすすめしません。

(しかしコアなネット住民層というより一般層向けの映画になっています)

動画配信サービスでの配信はありません。武田真治主演の舞台版はdTVで鑑賞できます。

あらすじ

電車内で暴れる酔っ払いから女性(中谷美紀)を助けたオタク青年、通称・電車男(山田孝之)。

彼女に心惹かれた電車男だったが、これまで女性に縁がなかったので、どうしたらいいかわからない。

そこで彼はインターネットの世界に助けを求めるが…。

よくある王道ラブストーリーに、オタクというエッセンスを加えた映画です。

今までに無かった映画だったので、興行収入は37億円とそこそこ良いところまで行きました。

電車内で美女と出会って、その後も関係が続くなんて、まさに「運命」ですよね~。

ネットから生まれた映画ですが、実話かどうかは言及されていません。

実話だったのか、気になる方はぐぐってください。いろいろまとめられていますよ。

映画の話に戻ります。

電車男は美女エルメスとご飯に行くことになり、服装を気にしたりお店を探したりと涙ぐましい努力を見せます

キュンとしました( *´艸`)

こんなに頑張ってデートプランを練ってくれるなんて、嬉しくないはずがない!!!

電車男はネットでいろいろアドバイスをもらい行動するのですが、ネットの住民こと「おまいら」にも様々なドラマがあります。(引きこもっていたり、忙しい日々を送っていたり)

しかもおまいらの役者が豪華!!

栄太、佐々木蔵之介、国仲涼子など…。

電車男だけでなく、いろんな人物の人間ドラマがうまく折り重なってるんですね。

かといってダラダラ展開するのでなく、テンポよく物語が進むので、最初のワクワクが最後まで続きます

邦画にしては珍しい完成度だと思います。

ラスト

色んなトラブルが起こりますが、最後には上手くまとまり、ハッピーエンド!

電車男だけでなく、アドバイスや文句を言っていたおまいらも、それぞれの幸せを手に入れます。

見終わったあとは心がホッコリしますよ。

ラストシーンは夢オチか?という疑問を持つ方もいるようですが、あれは回想シーンだと思います。

エルメスと電車男は何の設定も無かった。電車男はエルメスという女性を知らなかったし、女性にも興味が無かった、という事を表しているのでしょう。

またエンディングの後にはドラマ版の主人公伊藤淳史が登場します。

見逃さないように!

好きなシーン

雨の中エルメスをまつ電車男。とっても健気。

このシーンを見ると、好きって気持ちはこんなにも原動力になるんだなーと思うのです。

こんな人におすすめ

山田孝之が好き!

面白く悲しい気分にならない邦画が見たい。

エロいシーンは無いので、カップルや友達とも視聴できます!

恋している人も、していない人にもぜひ見て欲しいです。

まとめ

リアリティは全くありません!こんなに優しくてかっこいいオタクはいないし、美人で気遣いができて柔和で金持ちであざとい女と電車で出会えるわけがありません!

しかしラブストーリーに現実を求めるのも酷なので、すんなり受け入れて視聴しましょう!

ネット界隈の事情が良く分からない人でも楽しめるよう制作されているので、不器用な男のラブストーリーと捉えてみた方がすんなり楽しめると思います。

あと変身した山田孝之めっちゃ可愛いです。