ディズニー

映画「カールじいさんの空飛ぶ家」主題歌は?あらすじ、感想

f:id:kishimakishima:20180611004334j:plain
今すぐ映画を見る≫

原題:UP 公開:2009  上映時間:104分

モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。

感動しないわけがない!!

最初からクライマックスなので、開始5分くらいで涙がホロリしてしまいました…。

笑いあり、感動ありの奥深いピクサーアニメです!

ディズニー映画おすすめ10作品紹介!動画配信サービスで見れる【2018年版】 今回はおすすめのディズニー・ピクサー映画をまとめてみました。 ポイントは大人も見て楽しめるかどうか! どれも動画配信...

カールじいさんの空飛ぶ家の登場人物

おじいさん:カール

少年:ラッセル

犬:ダグ

鳥:ケヴィン

妻(故):エリー

カールじいさんの空飛ぶ家のあらすじ

いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。

最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。

しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功!

カールはうっかり付いてきてしまった8歳の少年ラッセルとともに、冒険の旅へと出発する。

カールじいさんの空飛ぶ家の感想

序盤の方で奥さんが死んでしまうのですが、そのシーンが胸にぐっと来ました。

老人の死ってすごく私の心を揺さぶるんですよね。(こういう映画にはほんとに弱い…)

1人になった爺さんのフレドリクセンは、よくいる孤独な頑固爺さんって感じです。

しかし好感が持てるのは、常に死んだ奥さんのことを思っているから。

素敵な夫婦だったんだなー、いつか私もこうなりたいなーと常々思う映画でした。

好奇心旺盛なボーイスカウトの少年ラッセルは、ウザイです。

「フレドリクセンさーん!フレドリクセンさーん!」とやたら高い声が常にスピーカーから流れてきます。

しかし!!

ウザイなと思っていたラッセルもラッセルなりに頑張って、成長していきます。

いつしか私は「がんばれ、がんばれ」とラッセルを応援していました

頑固な老人の空の旅、少年の成長、憧れと失望、いろんなテーマがこの映画には詰まっています。

好きなシーン

敵?に捕まったラッセルを助けるために、フレドリクセンが家の中にある思い出の品々を捨てるシーン。

妻との思い出がたっぷり詰まった家具を置いていくのは、いつまでも妻の死を考え落ち込んでいちゃいけない、前に進んでラッセルを助けなくちゃいけない、という思いを感じます。

フレドリクセンも物語が進むにつれ成長していくんですよね。

人生って終わりがないんだな、いくつになっても成長できるんだというメッセージを感じ取りました。

家具を捨てることとラッセルを助けることがどう関係するのか、ラッセルは誰に捕まったのかは見てのお楽しみです!

f:id:kishimakishima:20160503110826j:plain

オチ

旅の途中でいろんな困難があります。

風船が割れたり、ラッセルが変な鳥を拾ったり、喋る犬に追われたり…。

展開がコロコロ変わるので、だれることなく最後まで視聴できます

エンディングもとても素敵なので、またそこで涙がホロリしてきます。

この映画を見ていると、本当に大切なものに少しだけ触れられる気がするのです。

 

キャスト(吹き替え)

監督:ピート・ドクター

カール・フレドリクセン エドワード・アズナー  飯塚昭三
チャールズ・F・マンツ クリストファー・プラマー  大木民夫
ラッセル・キム ジョーダン・ナガイ  立川大樹
ダグ ボブ・ピーターソン  松本保典
ベータ デルロイ・リンドー   檀臣幸
ガンマ ジェローム・ランフト  高木渉
アルファ ボブ・ピーターソン  大塚芳忠

まとめ

なにより「UP」という原題を「カールじいさんの空飛ぶ家」と変えたことが素晴らしい!

カールじいさんと少年ラッセルでもなく、風船の家でもなく、「カールじいさんの空飛ぶ家」ですよ!

これは紛れもなくカールじいさんの物語である、と感じる邦題が素晴らしいです。


今すぐ映画を見る≫

映画「リメンバーミー」邦題の意味は?あらすじ、感想、ネタバレあり 今すぐ映画を見る≫ 原題:coco 公開:2018年 上映時間:105分 アカデミー賞長編アニメーション賞を取ったピ...