ディズニー

映画「ファインディング・ニモ」女の子の名前は?あらすじ、感想、ネタバレあり。

今すぐ映画を見る≫

原題:Finding Nemo  公開年:2003年  上映時間:100分

公開されてからもう13年にもなるんですね…。

にしては相変わらず人気のディズニー映画です。

テーマ、映像、ストーリーは時代に関係なく楽しめるので、さすがディズニーといったところ。

続編の「ファインディング・ドリー」もおすすめです!

あらすじ

オーストラリア、グレートバリアリーフ。広大な海の中でカクレクマノミの400個の卵が孵化しようとしていた。

しかし、無事に生まれたのは母親の命と引き換えに助かったたった1つだけ。

父マーリンは、この子を“ニモ”と名付け、同じ悲劇を繰り返さないと誓い過保護なまでに大事に育てていく。

そして6歳になったニモに、初めて学校へ行く日がやって来る。

しかし、突然の悲劇がニモを襲う。

彼は、人間のダイバーにさらわれてしまったのだ。

打ちひしがれるマーリンだったが、陽気なナンヨウハギ、ドリーの助けを借りてニモを取り戻す旅へと出るのだった…。

ストーリーは非常に簡単です。

迷子になった子供を親が見つける、それだけです。

しかし舞台は海。デパートで迷子になったのとはわけが違います。

それも主人公は海の王様シャチでもないし、キュートな飛べない鳥ペンギンでもありません。

小さくて可愛らしいカクレクマノミです。

大海原にはサメやカメ、イワシの大群など様々な生物がいるので、父マーリンは友人ドリーと共に危険に侵されながら、ときにはほかの魚の協力を得ながら息子のニモを探します。

冒険というテーマは子供だけでなく大人も楽しめます

そして最後に再会するシーンは感動します。

マーリンとドリーの冒険、危険、協力を見てきた視聴者は、「ああ、良かった」とほっこりした気持ちになるでしょう。

 子を持つ親ならなおさら、泣けるに違いありません!

マーリンとドリー

カクレクマノミのマーリンは息子探しの旅を始めます。

そこで出会ったのが物忘れが激しいナンヨウハギのドリーです。

一刻も早く息子のニモを見つけたいマーリンと、能天気なドリーは性格が合いません。そりゃマーリンからしたら、ぼうっとしているドリーは足手まといなわけですよ。

でもドリーは文字が読めるので、一緒に行動するしかないのです。

はじめはドリーにイライラします。こいつさえしっかりしていれば!早くニモに会えるのに!

でも物語が進めば、ドリーにも愛着がわいてきます。

彼女には彼女のいいところがあるです。

やがてマーリンとドリーの間に友情という絆が生まれます。

親子愛だけでなく、友情愛も描かれているんですね。

ニモは歯医者の水槽に

人間にさらわれたニモが行きついたのは、歯医者の水槽でした。

そこにはニモのほかに、ツノダシのギル、ヒトデのピーチなど色んな魚がいます。

彼らは水槽から海へと逃げるため、日々奮闘していました。

ニモはそんな彼らと過ごしながら、父親が助けに来てくれるのを待つのです。

私も小さいころ、スーパーで迷子になったことがあるのですが、心細いんですよね。

捨てられたんじゃないか、とか思っちゃって。

サービスカウンターのおばさんは「そこらへん探せば居るわよ」とか言うし…。

ニモも不安と戦いながら、父親を待ち続けます。

子供は無条件に親を信じるものですから。

マーリンもまた親である自分を信じています。 「何があっても絶対息子を助けるぞ!」という強い気持ちには、涙が出ます。

親という存在がみんなマーリンみたいに、子供想いならいいのにね。

面白いシーン

三匹のサメ(サメトリオ)が言っていた「魚は友達エサじゃない!」という言葉には笑いました。

彼らは海藻食主義を貫こうと努力しているサメなんですけど、やってることがまるで断酒会そのものなんですね。

アルコホーリクス・アノニマスかよ!って。

「ファインティング・ニモ」には大人が笑えるシーンがいっぱいあるんです。

もう一つ、好きなシーンがあります。

それはイワシの大群がマーリンに言った言葉。

「大変だー、大変だー、自分のことで精いっぱい」です。

リズムがいいので、ついつい口にしてしまいます。

歯医者の女の子の名前は?

f:id:kishimakishima:20180607181826j:plain

歯医者のシーンで登場する強烈なキャラの女の子。

名前はダーラです。

ちょっとチャッキーに似ていますね。

まとめ

家族でも恋人でも、子供会でも楽しめるディズニー映画!

笑いあり、涙ありで何度見ても面白いです!!

映画を見る≫