11.29公開!シャイニング続編「ドクタースリープ」のあらすじ・感想≫

ディズニー映画おすすめランキングTOP10!絶対おもしろい!最新版

こんにちは!映画ブロガーのキシマです

今回はおすすめのディズニー・ピクサー映画をランキング形式でまとめてみました。

あくまで個人的なランキングですが、何度見ても面白い、見る立場によって印象が変わる作品を選んでみました。

気になった作品はぜひ見て下さい!

ディズニーのおすすめアプリゲームについては雑記ブログの方で紹介しています。

関連記事:ディスニーのおすすめアプリゲーム7つ!定番から最新まで【2019年】

何度見ても面白い!ディズニー映画おすすめランキング

ズートピア

映画「ズートピア」ディズニー最高傑作!吹き替え声優は?あらすじ、ネタバレ感想

擬人化された動物たちのサクセスストーリー。

ウサギは弱い、キツネは悪い、女の子には無理などなどあらゆる偏見や固定観念を崩してくれます。

しかし何もせず状況が変わるわけではありません。

主人公のジュディもニックも努力して自分を変え、相手を受け入れます。

その姿勢や努力が報われるので、見るたびに元気を貰えます。

多様な動物たち、多様な生活、色の明暗、音楽、ミステリーっぽいストーリー、どれをとっても最高な映画です

リメンバーミー

映画「リメンバーミー」邦題の意味は?あらすじ・感想・ネタバレあり

音楽が大好きなミゲルは、しかし家では音楽を禁止されていました。

大切なギターを壊されたミゲルは、ガイコツたちの姿が見えるようになり死者の国に入ります。

でも生者の国、元の世界に戻るには条件があって…。

家族愛、忘れてしまう事、大切な物がテーマとなったリメンバーミー。

光の描き方がとても綺麗で映像にも引き込まれます。

トイストーリー

短編映画「トイ・ストーリー・オブ・テラー!」ジェシーがトラウマを克服!あらすじ、感想

おもちゃたちが動き出す!起承転結がしっかりした友情物語に涙が止まらない映画です

シリーズ1はちょっと怖いシーンがあります。(トラウマになる人もいます)

シリーズ2はそんなこともなく、アドベンチャー要素も多いので万人に楽しめます。

トイストーリー3は大人になったアンディが登場し、どちらかというと大人目線で楽しむストーリーになっています。

トイストーリーは短編映画もあるので、そちらもオススメです。

ホラーテイストですが、怖くはありません。

カールじいさんの空飛ぶ家

映画「カールじいさんの空飛ぶ家」主題歌は?あらすじ、感想

偏屈じいさんとわんぱく坊主、そしてボール大好きな犬の冒険物語

妻を亡くして偏屈になった爺さんが、無垢でひたむきな子供と出会い友情・愛情を育む優しいストーリーには胸がほっこりします

愛する人を失った悲しみを乗り越える爺さんには涙と勇気を貰えます
前に進むのはいくつになっても怖いものですが、一歩先に進んだからこそ見える景色もある。そんなことを教えてくれる映画です

ちなみに監督はファイティングニモの人です。

インサイドヘッド

映画「インサイドヘッド」キャラクターが秀逸。あらすじ、感想、ネタバレあり。

感情を擬人化したディズニー映画。

華やかでもないし、アクション要素もないけれど、静かに紡がれるストーリーは意外と心を揺さぶります。

否定を肯定に変えてあげると、それだけですんなり色々上手くいって、そもそも否定するものでもないよと優しく語り掛けてくれます。

楽しいこと、嬉しいことだけじゃなく、悲しいことも時には必要。

悲しみは嫌われるような感情ではない。

インサイドヘッドは大人にこそ必要なディズニー映画かもしれません。

 

ファインディングニモ

映画「ファインディングニモ」女の子の名前は?あらすじ、感想、ネタバレあり。

母を亡くし、父と離ればなれになったニモが一人で冒険をして友達を作り、家族と再会する感動ディズニー映画

本作には過保護な親カクレクマノミと、好奇心たっぷりの子供カクレクマノミが登場するのでどちらにも感情移入しやすくなっています

子供は冒険物語として、大人は子供の成長物語として楽しめる作品です

家族とはなにか、友人を信じる事、諦めない事などディズニーらしいテーマもふんだんに盛り込まれています

個人的には続編のファインディングドリーの方が心が揺さぶられて泣けたので、ぜひ続編と合わせて見ると感動が2倍になるでしょう

モンスターズインク

映画「モンスターズインク」声優はだれ?あらすじ、主題歌、ネタバレあり

モンスターが沢山出てくるドタバタコメディ映画「モンスターズインク」

ラストは涙がちょっぴり出るような感動的な結末です

登場キャラクターのテンションが高く、おどろおどろしい雰囲気でも怖くありません

塔の上のラプンツェル

逞しく生きるお姫様が主人公のディズニープリンセス映画。

ジェンダー学を勉強した私が曇りなくおすすめできるプリンセスストーリーは数少ないです。

塔の上のラプンツェルは、元気でおてんばで、夢を追い求める女の子が主人公です。

ストーリーや映像の美しさ、音楽はとてもおすすめできます!

アクションシーンも沢山あるので飽きずに楽しめます。

シュガーラッシュ

ゲームの世界が舞台のアドベンチャーアニメ映画です。

しっちゃかめっちゃかでテンポもよく、可愛い色使いが特徴的です

脚本家は女性として初めてディズニー長編の監督を担当した方です。

ゲーム好きの子供なら、大興奮間違いなしのディズニー映画です!

続編のシュガーラッシュオンライは2018年12月公開!

メリダとおそろしの森

愛と勇気のアドベンチャー物語!

王女ではあるけれどお転婆で結婚には興味なし。いつも王妃と喧嘩をするメリダだが、魔法により王妃が熊に変えられてしまう

メリダはいやいや王妃を元に戻そうとするが、やがて王妃の愛情の真意を知る

ストーリーだけみれば母と娘の感動ストーリーっぽいですが、本作の1番のポイントはメリダがディズニー映画のプリンセスっぽくないとう点です

ディズニー映画のプリンセスはおしとやかで、恋愛が中心、弓を使うなんてもってのほか、男性の一歩後ろを行くという設定が当然でしたが、塔の上のラプンツェ、ルメリダが公開されてから大きく変化していきました

女の子だってやりたいことをやれるんだ、というテーマが含まれているわけです

なのでシンデレラ、白雪姫のようなディズニー映画が苦手な女の子でも楽しめる映画になっています

まとめ

以上がおすすめのディズニー映画ランキングでした!

ぜひレンタルして視聴してみてくださいね