映画「キャプテン・フィリップス」実話?あらすじ、本人画像、吹き替えを紹介!

f:id:kishimakishima:20180620010606j:plain

 

キャプテン・フィリップス  

 

原題:Captain Phillips  公開:2013年  上映時間:134分

 

 トムハンクス主演。

 2009年に発生した「マースク・アラバマ号」乗っ取り事件で、ソマリア海賊の人質となったリチャード・フィリップスを描く伝記映画です。

 

 このページでは「キャプテン・フィリップス」のネタバレあらすじ、実際の事件、キャストについて紹介します。

 

 

 

目次

 

あらすじ

 2009年4月、ソマリア海域を航海中のコンテナ船、マークス・アラバマ号を海賊が襲撃。

 

 武器を所持していた4人の海賊に、武装していなかったアラバマ号はあっという間に占拠されてしまう。

 

 船長のリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、20人の乗組員を自由にしてもらう代わりに自らが海賊の人質となる

 

 フィリップス船長を救出すべく、海軍特殊部隊シールズが登場。

 

 海賊が暴走し、船長を殺す前にシールズが海賊を射殺する

 

 船長の服には海賊たちの返り血がつく。

 

 船長は呆然と事の結末を受けれるのだった。

 

f:id:kishimakishima:20180620010626j:plain

 

見どころ

 キャプテンフィリップスの見どころはトムハンクスの迫真の演技と、シールズの凄さです。

 本物の海賊とは何か、どういう奴らなのかも本作で知ることができます。

 

 私たち日本人の多くが想像する海賊って、仲間の為に活動するとか、傍若無人さはあるけれど義理堅いとか、そんなところだと思うんですよ。(マンガや映画の影響で)

 でも実際は違う。

 

 本作を見れば、海賊のむごたらしさや、理不尽さも感じると思います。

 

実話?

f:id:kishimakishima:20180620010639j:plain

 

 キャプテンフィリップスは実話です。

 元になった事件「マースク・アラバマ号」乗っ取り事件は2009年4月に起きました。

 

 海賊も貨物船員も人質を取り交渉をしましたが、うまくいかず。

 

 アメリカ軍は駆逐艦と交渉人をソマリア沖に派遣します。

 

 駆逐艦に乗り組んでいた海軍特殊部隊シールズが、約20メートル離れた救命艇に乗っていた海賊達を狙撃し3名を殺害、船長は無事に救出され事件は幕を閉じます。

 

 逮捕された海賊の一人は「国際法上の海賊行為」という罪状で裁判にかけられました。

 

キャスト(吹き替え)

 

監督:ポール・グリーングラス

9.11のテロを描いた映画「ユナイテッド93」の監督です。

 

 

トム・ハンクス( 江原正士)

f:id:kishimakishima:20180620010552j:plain

 

キャプテンフィリップスの主演を務めるにあたり、フィリップス船長本人に会い、人となりを掴んだというトムハンクス。

 

 さすがですねー。確か映画「ハドソン川の奇跡」で機長を演じる際も本人に会いに行ってましたよね。

 

バーカッド・アブディ(津田健次郎)

バーカッド・アブディラマン( 手塚祐介)

ファイサル・アメッド(小松史法)

 

俳優は無名の方が多いですね。本作が映画初出演の俳優もいます。

 

まとめ

 

 本当の海賊と、ネイビーシールズの凄さを知ることができる映画キャプテンフィリップス。

 機会があればぜひご鑑賞ください!

 

 

トムハンクスのおすすめ映画

 

www.kishimamovie.com

 

www.kishimamovie.com

 

www.kishimamovie.com