パニック

映画「ロストバケーション」主演女優・主題歌は?あらすじ、ネタバレあり!

f:id:kishimakishima:20180621011635j:plain

今すぐ映画を見る≫

タイトル:ロストバケーション 原題:The Shallows  公開:2016年  上映時間:86分

主演はライアン・レイノルズの奥さんブレイク・ライヴリー。

人喰いザメに追い詰められた主人公の女性はどのようにして危機を脱するのか?

このページでは映画ロストバケーションのネタバレあらすじ、キャスト、ロケ地、主題歌について紹介します。

ロストバケーションのあらすじ

亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。医学生のナンシーは休暇を利用してついにそのビーチを訪れる。

母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となる為の勉強漬けの日々から解放されるナンシー。

しかしクジラの死体を見てしまい、嫌な予感から陸に戻ろうとするが、巨大なサメに襲われてしまう!

必死にサーフボードにしがみつくナンシーの足からは血が流れていた…。

彼女はどうにか海にポツンとある岩の上に避難して、足の傷を自力で縫う

ラスト、ブイにたどり着いたナンシーは、ブイの鎖を使って深海に潜る。

後を追うサメ。

その瞬間ナンシーはうまく身体を翻し、サメは海底の杭に頭を突っ込むのだった。

f:id:kishimakishima:20180621011742j:plain

見どころ

登場人物がとっても少ない映画ロストバケーション。

ほとんどのシーンが主人公のナンシーによって構成されています。

一人劇のような映画ですが、展開がスピーディーなので飽きずに最後まで見ることができます。

映像も美しく、サメ映画にありがちな安っぽさはありません。

ロストバケーションのロケ地

f:id:kishimakishima:20180621005923j:plain

ロストバケーションの映画のロケ地はオーストラリアのロード・ハウ島という場所です。

シドニーやブリスベンから2時間弱のフライトで行くことのできる静かな島で、観光客に人気のスポットとなっています。

人口は300人と少ないですが、レストラン、スパもあるようです。

ロストバケーションのロケ地についてさらに知りたい方は、オーストラリア観光局公式サイトをチェックしてくださいね(‘∀‘)

原題の意味

f:id:kishimakishima:20180621011730j:plain

ロストバケーションの原題はThe Shallows。

意味は浅瀬です。

浅瀬とは、水深が極めて浅い部分のこと。

つまりナンシーがサメから逃れた場所のことですね!

ロストバケーションの主題歌

ロストバケーションの主題歌はSIAのBird Set Freeです。

彼女の独特な声、好きです。

I don’t wanna die(死にたくない)という歌詞が劇中のナンシーをイメージさせますめ。

キャスト(吹き替え)

監督:ジャウム・コレット=セラ

映画エスター、フライトゲームの監督です。パニックスリラー系が得意な監督さんですね。

ナンシー – ブレイク・ライブリー(甲斐田裕子)
カルロス – オスカル・ハエナダ(英語版)(斉藤次郎)
ナンシーの父 – ブレット・カレン(仲野裕)
クロエ – セドナ・レッグ(朝井彩加)
ナンシーの母 – ジャネール・ベイリー

まとめ

生々しい傷や出血が苦手な人は避けた方がいいロストバケーション。

真面目なパニックなサメ映画なので、機会があればぜひ視聴してください!

今すぐ映画を見る≫

 *動画配信サービスU-NEXTの無料お試しで視聴できます

*無料お試しはいつでもキャンセルできます

おすすめサメ映画記事

www.kishimamovie.com

www.kishimamovie.com