パニック

世界が凍る「デイアフタートゥモロー」あらすじ、ネタバレ感想-なぜか泣ける!

f:id:kishimakishima:20180611092645j:plain

今すぐ映画を見る≫

地球温暖化のせいで、氷河期が訪れる!?

凍るニューヨークに取り残された主人公サムと、その恋人。

助けに行くのは気象学者であるお父さん。

パニック化したニューヨークで見るのは親子愛!

下手するとB級になっていたかもしれない、極上のSFパニック映画です。

主役のジェイク・ギレンホールも素敵!

あらすじ

南極で研究を続ける古代気象学者ジャック・ホール教授(デニス・クエイド)は調査データから地球規模の自然危機を予感する。

そして、その4か月後、東京などで異常気象が発生し彼の嫌な予感は現実味を帯びてくる。

感想

東京と書いてありますが、東京なんて出てきません。

中国の屋台は出てきます。

ハリウッドも、そろそろちゃんとした日本を描いてほしいですよね。

本題に戻りますが、ストーリーはいたってシンプルです。

氷河に包まれたニューヨークに取り残された息子と、彼を助けに行く父の物語です。

親子の絆はとても強く、「息子を絶対助ける!」という父の強い意志は、決して揺るぎません。

かといって過剰に親子愛を演出せず、息子のラブストーリーもちょこっとあるので、飽きずに見ることができます

また氷河のシーンも迫力があって、とてもドキドキします。

津波が押し寄せ、人々が図書館に逃げていく場面は「おお」となりますよ。

そういう早く逃げなきゃって時にヒロインの服が車に引っかかったりするんですよね。

そんなヒロインを助けに行く主人公サムのかっこよさといったら!

他の映画に類を見ないレベルでかっこいいですよ。

逃げた先が図書館っていうのもいいですよね。

そのニューヨークの図書館がとてもシックでかっこいいです。

暖を取るために燃やす本を集めるシーンも面白い。

「ニーチェなんか燃やせない!」「なら税金の本を燃やそう!」

環境問題という深刻なテーマの中でのコミカルさ。

笑えます。

確かにテーマが深いからって暗すぎる話だと、それはもう映画ではなくドキュメンタリーですよね。(何言ってんだ)

「デイ・アフター・トゥモロー」は奥深いテーマと、映画というエンターテインメントがうまく融合しているので、B級ではなく、A級映画に仕上がっているのです。

 だから面白い!

 

さらに!

息子を助けに行くという父ジャックに賛同し、付いて行くことを決めた気象学者チームのメンバー。

その中の一人がニューヨークに向かう途中で命を落としてしまいます。

登場人物の中ではサムの次に好きなキャラクターなので、死んだときは「why!? ジャパニーズ ピーポー!」と叫んでしまいました。嘘です。叫んでません。

でもすごくショックでした。

父ジャックは同僚であり長年付き合ってきた友人が死んでしまったことに悩みます。

それでも進むしかない!とニューヨークを目指します。

しかし、仲間の死は映画の中で必要だったのでしょうか。

まあ泣けたけれども。死ななくてよかったんじゃないかな、とも思うのです。

デイ・アフター・トゥモロー

ラスト

父と息子の再会!>犠牲はあったけど、本当に良かった!

 

キャスト

監督:ローランド・エメリッヒ

デニス・クエイド 原康義
ジェイク・ギレンホール 浪川大輔
エミー・ロッサム 小笠原亜里沙
イアン・ホルム 小林恭治
セーラ・ウォード 小山茉美
ダッシュ・ミホク 内田夕夜
ジェイ・O・サンダース 土師孝也

まとめ

年に一回は見たくなる!気象パニック映画「デイ・アフター・トゥモロー」!

夏に見れば涼しくなるのかも?

映画を見る≫