邦画

「日本のいちばん長い日」戦争終結に命をかけた男たち。あらすじ、キャスト。

今すぐ映画を見る≫

2015年8月に公開された日本映画。

役所広司、堤真一といったベテラン俳優から最近人気の松坂桃李といった俳優も出演しています。

戦争終結のために命をかけた男たちの物語なので、戦争はダメ!といったメッセージ性が強すぎる映画なのかと思いきや、フタを開けてみれば人間ドラマ映画であることが分かります。

お勉強映画ではありませんが、それでもやはり色々考える余地の多い作品だと思います。

ちなみに興行収入は13億円でした。

あらすじ

戦況が困難を極める太平洋戦争末期、1945年7月。

連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求する。降伏か、本土決戦k。

連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。

やがて広島、長崎に原爆が投下され、事態は悪化。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南陸軍大臣(役所広司)、国民を案ずる天皇陛下(本木雅弘)、聖断を拝し閣議を動かしていく鈴木首相(山﨑努)、そしてその首相を献身的に支える迫水書記官長(堤真一)。

その一方で、終戦に反対する畑中少佐(松坂桃李)ら若手将校らはクーデターを計画、日本の降伏を国民に伝える玉音放送を中止すべく、皇居やラジオ局の占拠へと動き始める…。

戦争終結における一連の出来事は、まあ多くに人が知っているのではないかと思います。本作は過去の出来事を面白おかしくエンタメ的に描いているのではなく、あくまで史実映画として描いています。

だから歴史に興味がない人には取っつきにくいでしょう。

しかし歴史を知らない人にこそ見て欲しいなーと思います。

本を読んで歴史を勉強するのは面倒くさい、映画でいっか。そんな感じで見ても、多くの発見が得られるでしょう。

もう負けそうだし、これ以上犠牲出すのも悲しんで、撤収!なんていかないんですよね。陸軍には意地があるし。

戦争っていろんな人間の思惑や計画的な行動、無計画な行動がからまっているんだなと改めて考えさせられます。

自民がどうこう、民主がどうこうではない次元で、「政治」だな、なんて感じちゃったりもします。

上映時間が136分とすこーし長いですが、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

キャスト

監督:原田眞人

原作:半藤一利

阿南惟幾 / 役所広司
昭和天皇 / 本木雅弘
畑中健二 / 松坂桃李
迫水久常 / 堤 真一
鈴木貫太郎 / 山﨑 努

保木玲子/戸田恵梨香

佐々木武雄/松山ケンイチ

どうでもいいですけど、山路和弘さんが国務大臣として出演してらっしゃるんですよねー。もうぜったい素敵やん。

↓原作本

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

まとめ

日本のいちばん長い日と聞くと、将棋のA級順位戦を思い出します。

映画を見る≫