邦画

映画「誰もしらない」は実話?あらすじ、感想、ネタバレあり。是枝監督の見せたかった家族

f:id:kishimakishima:20180607230602j:plain

今すぐ映画を見る≫

英題:Nobody Knows   公開年:2004年   上映時間:141分

社会学の授業で視聴しました。

 映画は娯楽なのか?情報媒体なのか?という点を考えさせられました。

 家に置き去りにされた子供たちだけの異常な生活。

 全編通してとても切なくて、リアルです。

暗いと言えば暗い内容だけど、一見の価値ありです!!

監督はパルムドール賞を受賞した「万引き家族」の是枝裕和監督です。

あらすじ

 この映画は実際の事件を基にして制作されています。

事実とは異なりますが、映画としては非常に良くできていると思います。

 

 女として生きることを求めた母が、子供達をアパートに置き去りにして、恋人の所へ行く。

子供達は母から貰ったお金をどうにかやりくりして生活をする。

 

流れはこんな感じです。日常の風景が多いので、ゆっくりストーリーが進みます。

 

でも退屈はしませんでした。

 

お兄ちゃんの手だけを映したり、妹の背伸びした足だけを映したり。

それだけで兄妹達が何を考えているのか、どう感じているのか表している所が是枝監督のなせる技なんじゃないでしょうか。

最初はなんとかなっていた兄妹達だけの生活も、時間が経つとままならない状況になっていきます。

なにしろお兄ちゃんだけしか部屋を出てはいけないのです。

妹は洗濯する時だけベランダに出て、幼い次男次女は部屋の中でだけ遊びます。

とても閉鎖的ですが、次男次女は状況を理解するには幼すぎるので、お兄ちゃんに言われるがままご飯を食べ、眠る生活を続けます。

やっぱり子供って、親がいないと生きていけないんです。

場所と物があればご飯を食べて、排泄して、睡眠は取れるでしょう。

でも、それは生きていると言えるのでしょうか?

身体は成長していくのに、思考は置いてけぼり。

楽しい悲しいも、

なんとなくでしか把握できない。

見ていてとても切なかったです。

長男はお兄ちゃんとして、妹たちの面倒を見ますが、所詮は母親代わりであって、母親ではないんですよ。

 

お兄ちゃんは決して妹達を見捨てません。悪い友達とつるむこともあったけど、家族をまとめるお兄ちゃんとして頑張り続けます。

 

でも頑張らなきゃ行けないのは父親母親でしょうに。

 

 見ていて遣る瀬無い気持ちになりました。

 ラスト

 お兄ちゃんが出かけている時、4歳くらいの次女が誤って足を踏み外しイスから落ちてしまいます。

 動かなくなった身体を見つめる長女と次男の顔は切なくもあり、悲しくもあり、複雑なものでした。

 

でも誰一人泣かないのです。

 

動かなくなった体が何を意味しているのか理解できないから。

泣けないのです。

この兄妹達には感情がありますが、最大限ではありません。

死んじゃった、悲しい、どうしよう、辛い、という考えさえも抑制されているような気がします。

閉鎖的な空間で、閉鎖的なコミュニティで生きてきた彼等。

死んだ次女を埋葬した後も、その生活は続く…。

というエンディングで映画は終わります。

助けの手を伸ばすことを知らない彼等はきっと、誰かが手を差し伸べてくれるまで、ギリギリの生活を続けていくのでしょう。

 

子供になれない長男

お兄ちゃんは小学校高学年くらいの年齢です。

妹達のように、まだまだ甘えたい年頃です。

でも親がいないので、甘えることができません。

妹達はお兄ちゃんに甘えますが、お兄ちゃんは誰にも甘えられないのです。

それがとても悲しかった。

強く生きるには、みんな幼すぎるんです。

子供は弱くたっていい、逃げてもいいんです。

でも親に置いてけぼりにされたから、逃げられない。

父親も母親も子供に向き合わず、やりたい事に逃げてるのに、子供たちは逃げられない、という状況に胸が締め付けられました。

実話 巣鴨子供置き去り事件

実話である元の事件はとてもエグいです。

長男が妹を折檻して殺してしまいます。

ただただ悲しい。

周りの大人はもっと早く、子供だけの異常な生活に気づくべきでした。

好きなシーン

母親の言いつけを破り、アパートから出た兄妹達。

公園を走り回り、自由に遊ぶ兄妹達の笑顔と笑い声が印象的でした。

子役がすごい!

棒読みでも、充分素晴らしいと言える演技でした。

やっぱり、泣ける子役=すごい子役ではないんですよ。

どれだけ映画に溶け込めるか、なんですよ。

まぁ演技の知識なんてこれっぽっちも無い私が言っても、説得力無いですけどね。

まとめ

心に傷痕を残す映画でした。

邦画独特の暗さ、陰鬱さ、切なさがあるけれど、実際に起こった事件ということで、できるだけ多くの人に見て欲しいです。

バットエンドか、ハッピーエンドか、それは見た人によりますが、ハッピーではないことは確かです。