アクション

映画「ローグアサシン」変な日本語が飛び交う!あらすじ、キャスト、ネタバレあり

f:id:kishimakishima:20180606160730j:plain

今すぐ映画を見る≫

原題:War、別題:Rogue Assassin 公開:2017年 上映時間:103分

主演はジェット・リーとジェイソン・ステイサム!!!

ローグアサシンは日本のヤクザとチャイニーズマフィア、FBIが絡んでくる映画なので、日本のシーンがあるのですが…。

その日本観がやばいです。

今回は映画「ローグアサシン」のあらすじ、キャスト、映画の中の日本についてご紹介します。

あらすじ

FBI捜査官のジョン・クロフォードとトム・ローンは、サンフランシスコの埠頭でマフィアの抗争事件を捜査中に、伝説の殺し屋ローグと遭遇する。

二人はローグを追い詰めるが、あと一歩のところで取り逃がしてしまう。

数日後、一人の男がトムの家を訪れ、トムとその家族を惨殺し、家もろとも焼き尽くしてしまう。

ジョンは現場に落ちていたチタニウム製の薬莢から、犯人はローグだと直感し、ローグへの復讐を誓う

ストーリーはいいですね。

問題なのは映画の中での日本ですよ。

ジェイソンステイサムの日本語も違和感ありまくりですし、時代錯誤で意味不明な日本がこれでもかと登場します。

サムライ、忍者、ヤクザが入り乱れていて、なんだこれはと辟易します。

ジェイソンステイサムも仕事を選べばいいのに…。

耳を切られたケインコスギが次のシーンでは両耳そろっているし。

もうめちゃくちゃな映画ですよ。

登場する日本人

ローグアサシンには何人かの日本人が登場します。

石橋凌

ケインコスギ

デヴォン青木は父親が日本人ですが、日本語がまったくだめだそうです。

キャスト

監督:フィリップ・G・アトウェル

ジェット・リー
ジェイソン・ステイサム
ジョン・ローン
デヴォン青木
ベニー
石橋凌
サン・カン
ケインコスギ

まとめ

役者の無駄遣い。変な日本語、日本観ありありの映画ローグアサシン。

正直言っておすすめできない映画です。

映画を見る≫