シリーズドラマ

「ウェントワース女子刑務所」シーズン6制作決定!あらすじ、感想、キャスト

f:id:kishimakishima:20180421174830p:plain

今すぐ動画を見る≫

日本公開:2013年 1話:49分

Hulu で人気配信中のドラマ「ウェントワース女子刑務所」

「Prisoner Cell Block H」のリメイク品で、主要なキャラクターはそのままに、ストーリーを再構築したオーストラリアのドラマです。

華やかさはありません。リアルな人間模様と頭脳戦がメインです。(正にサバイバルストーリー)重々しく、それでいて心を揺さぶるドラマに仕上がっています。

今回はシーズン1の第1話のあらすじと感想のみです。

あらすじ

主人公のビー・スミスは、虐待を続ける夫への殺人未遂の容疑で、ウェントワース女性刑務所へと送り込まれる。

16歳の娘とも離れ離れになってしまう。

囚人たちが独自の社会を築くその小さな塀の中では、外の世界の常識は一切通用しない。

ビーは娘に再会できることだけを励みに、身体と頭を使い、激しい権力争いをうまく利用しながら、曲者だらけの刑務所生活を生き抜くことを決める。

だが、ある日、刑務所長が殺される事件が発生し、ビーは無実の容疑をかけられてしまう…。

登場人物

主人公のビーは、フランキーの派閥に入ります。これは望んだのではなく、収容された場所がフランキーの取り締まる監だったからです。

ボスなだけあってフランキーはとても頭がいい。ワイルドでめちゃくちゃかっこいいです。(同性愛の囚人からもモテモテ)

ビーは世話係のリズや、他の囚人の子供の面倒を見るドリーンたちとも交流を深め、様々な情報を得てその地位を確立していきます。

しかしそのことを良く思っていない囚人もいて…。

タフな女たちの頭脳戦に目が離せません!

感想

ウェントワース女子刑務所はかなりハラハラドキドキするドラマです。

主人公のビーがボスとなる物語ですが、1話をではおどおどした弱い女性でしかありません。そんな彼女がどうやってのし上がっていくのか見ものです。

登場人物にはそれぞれの過去があります。例えばDV,ドラッグ、性転換など。

シリアスなテーマをしっかりとシリアスに、現実的に描いているので話が重くなるのですが、そこがとても面白いんですよね。

まやかしではなく、ちゃんと向き合って人物や脚本を書いているので、1話1話のめり込むことができます。

ビーやフランキー、所長の笑顔はとてもキュートなのに笑顔の裏に潜む思惑が怖くもあり、楽しくもあり。

ドキドキハラハラが止まらないドラマです!

(麻薬を密輸するシーンはもちろん、誰かがビーに接近するだけでおいおい何かおこるんじゃないか??と思ってしまいます…。)

本国では現在シーズン6の制作が決まっています。

Hulu ではシーズン5まで鑑賞できます!(随時更新中)

f:id:kishimakishima:20180421185855p:plain

(刑務所の食事が美味しそう…)

キャスト

ダニエル・コーマック

ニコール・シルバ

パメラ・レイブ

ケイト・アトキンソン

セリア・アイルランド

カトリーナ・ミローズビック

まとめ

続きが気になる海外ドラマ「ウェントワース女子刑務所」

癒しキャラもいるので楽しく鑑賞できますよ

動画を見る≫