SF

映画「地球、最後の男/love」あらすじ、ネタバレ感想-意味不明すぎる!

f:id:kishimakishima:20160728233440j:plain

原題:LOVE  公開:2011年  上映時間:84分

観客をなめてるのかってほど曖昧な映画!

製作者はどういう意図で映画を作ったのでしょうか。

ピースは与えられるけど、明らかに足りないし、絵もない。

どう解釈すればいいのか分からん!そんな状態です。

SFには、宇宙にはロマンがあるんですよ!夢があるんですよ!

そのロマンや夢をはき違えているんじゃないでしょうか。

語らない部分は自分たちで想像してね、って手法がキライなのですが、この映画はその手法の最たるものなのではないでしょうか。

だから評価が低いのだと思います。

あらすじ

主人公は、謎の物体を調査をしに宇宙へ出た宇宙飛行士リー・ミラー。

しかし宇宙ステーションと地球との交信が急に途絶えてしまいます。

なんでも地球でマズイことが起きたとか…。

そのマズイことってなんだよ!

核戦争か何かでしょうか。人類はどうやら滅亡したようなのです…。

ミラーは宇宙でただ一人きりの地球人になってしまいます。

「ムーン:月に囚われた男」「2001年宇宙の旅」のような設定ですね。

しかし劇的な展開はもうありません。ある意味衝撃的なエンディングは待っていますが…。

地球との通信が途絶えて6年たっても、宇宙飛行士ミラーは生きています。

酸素供給も区域によっては停止されていくのに…。

ペットボトルのお茶を飲んだりします。

おい、そのペットボトルはどこで入手したんだ。

それから何分かは、音楽と映像だけの世界になります。

ミラーがステーションでたんたんと生活するだけ。

いや、いいんですよ。語らずとも、ミラーの孤独は伝わって来るし、映像は綺麗ですから。でもどこかミュージックビデオみたいで、映画っぽくない印象を受けました。

ある男の日誌

ある日ミラーは船内で、南北戦争の兵士だったリー・ブリックという男の日誌を見つけます。(スタンリー・キューブリックから取ったのかな)

戦争シーンや誰か分からんが男たちのインタビュー映像も流れます。

でもイマイチ意味が分かりません。

そのシーンを今見せることで、観客に何を想わせたいのでしょうか?

そして突然あらわれるノスタルジックな人工建造物。

中に入ると、螺旋階段や書斎があったりなんかして。

ミラーはそこで分厚い書物を見つけます。タイトルは「ラブストーリー、黙想、物語、人間の条件の記憶集」です。

 なんのこっちゃ。

ラスト

f:id:kishimakishima:20160728233959j:plain

突如巨大コンピュータが動き出し、人工知能がミラーに接触。

どうやらすべての人間の歴史が、コンピューターに保存されているようです。

今まで流れた知らないおっさんたちのインタビュー映像は、コンピューターに保存された人々の記憶、あるいは人間自身ということでしょうか。

ミラー自身もそこに記憶されます。

そして人工知能が言います。「これは人類と機械の素晴らしい共生です。あなたは一人じゃありません。あなたが感じたことは他人も感じています。それは愛です」

 最後に原題の「LOVE」という文字が出て、映画は終わります。

最後の人工知能のセリフが良く分からなくて3回くらい聞いちゃいました。

でもやっぱりよく分からないままでした。

私がバカなのでしょうか…。

 超哲学的

内容が哲学的過ぎます!

全体的に映画「2001年宇宙の旅」をモチーフにしているせいでしょうか。

しかしあの映画はまだ解釈の仕様がありました。

本作の言いたいところはなんとなーく分かるんですよ!

人間の存在それは記憶ではないか? でもコンピューター内の蓄積されたデータは人間なのか? 認識して繋がることが愛なんじゃないか?

私の解釈はそんな感じですが、もっと万人に伝わるように構成した方が、映画らしく楽しめるのになーと思っちゃいました。

ゲーム「SOMA」のような

f:id:kishimakishima:20160728234130j:plain

SFホラーゲームに「SOMA」というものがあります。

ロボットが自分を人間だと言ったり、地底を探検したりするゲームで、その物語はとても秀逸です。

ゲームでも地球は絶滅しているのですが、人間の記憶はデータとしてチップに保存されています。

その中で人間は生きているのです。

チップは宇宙へと放たれ、人間は半永久的に存在し続けるというエンディングです。

本作「地球、最後の男」とはゲームはちょっと違いますが、言いたい事は似ているんじゃないかなーと思います。

まとめ

映像は綺麗!!音楽もいい!!でも物語が言葉足らず過ぎます。

難しい映画です…