未分類

「グーグーだって猫である」ロケ地はどこ?あらすじ、原作マンガについて

今すぐ映画を見る≫

公開:2008年  上映時間:116分

ただ猫が可愛いだけで、ストーリーはあってないようなもの。というか意味不明。

猫の戯れを116分見ていた方が面白かったかもしれない。

邦画のメリハリのない展開、日常映しとけばいいっしょ~みたいなやり方は正直キライだ。

でも原作マンガは面白いのでお勧めです!

 グーグーだって猫であるのあらすじ

吉祥寺在住の漫画家、麻子(小泉今日子)が締め切りに追われる中、愛猫のサバが静かに息を引き取る。

そのショックで漫画が書けなくなった麻子を、アシスタントのナオミ(上野樹里)たちは心配しながら見守っていた。

そんなある日、麻子はペットショップでアメリカンショートヘアの子猫と出会い、グーグーと名付けて一緒に暮らし始める。

グーグーだって猫であるの感想

猫が可愛い。何度だって言いますよ。猫がキュートで可愛いんです。

小泉今日子ですか?興味ありませんね。

小泉今日子である必要性もないと思います。

子猫のおかげでスランプから脱出した漫画家の物語、と言えば感動物語っぽいですが、そんなこともありません。

子猫のおかげで男性と仲良くなったりしますが、だからどーしたって感じです。

「猫」という生物を介して人間が成長する、ほのぼのと癒されるお話にしたかったんでしょうか。

それとも邦画で嫌という程見る「日常」を描きたかったんでしょうか。

というかもう、日常を見せるのは止めてくれ邦画。

何も起きない日常風景なんか見たって楽しくないですよ。

たまにならいですけどね!可愛い女の子や、かっこいい男の子の日常なら見たいですけどね!

あとはアクシデントが起こったり。

グーグーだって猫であるのアクシデントと言えば、アシスタントの上野樹里が彼氏に浮気されるとか、小泉今日子が倒れるとか、その程度です。

イライラするよ^^

もうね、アシスタント(上野樹里)の彼氏がムカツクんですよ。

チャラチャラ、ナヨナヨしてるし、女子高生と浮気するし。

最終的に浮気は無かったことになって、みんな強く生きよう、それぞれの道を行こう、という物語のまとめ方もむかつきます。

結局何が言いたいのかまったく分かりません。テーマがないんでしょうか。ないんでしょうね。

ラスト

病気したけど、治った!これからも猫のグーグーと頑張るぞ~~^^

およそ中身のない物語なので、ラストもくそも無いです。

キャスト

森三中もアシスタント役で登場しますが、コロッケを食べて、居酒屋行って、って感じで居ても居なくても一緒です。

裸の加瀬亮も全然かっこよくない。謎の外国人マーティ・フリードマンもよく分からないセリフを吐くし。

10秒くらい出た田中哲司さんは若くてかっこよかったです。

原作マンガ

映画はダメダメですが、原作マンガは好きです!おもしろい!

 絵も可愛いし、エッセイマンガなので読みやすい。

猫好きなら一度は読んでほしいマンガですね。

病院などの待合室にもピッタリなマンガです!

グーグーだって猫であるのロケ地

「グーグーだって猫である」のロケ地は住みやすい街ナンバー1の吉祥寺です。確かに吉祥寺の雰囲気はいい感じに出ています。

(いせや(公園店)、サトウのメンチカツ、井の頭公園、ハーモニカ横丁)

見ていると「あ、この場所知ってる!」となるかもしれません。

まとめ

猫好きにおすすめの映画「グーグーだって猫である」

ストーリーはイマイチですが、登場する猫が可愛いです!

映画を見る≫