アクション

映画「ダイ・ハード4」 ジョンマクレーン再登場!あらすじ、ネタバレ感想

今すぐ映画を見る≫

原題:Die Hard 4.0  公開:2007年  上映時間:129分

12年ぶりに制作された『ダイ・ハード』シリーズ第4作。

痛快アクション、コミカルなギャグ満載でいつ見ても色あせない面白さ!

しかし今度の敵はサイバーテロ集団。どうするアナログ刑事マクレーン!?

ダイハード4あらすじ

アメリカ独立記念日前夜、FBI本部のインフラ設備がハッキングされる!

FBI副局長のボウマンは、犯人特定のため全米のハッカーたちを一斉に保護せよ、と指令を出した。

NY市警のジョン・マクレーンはハッカーマシュー・ファレルを連行する途中、何者かに襲撃される。

同様に全米各地の7人のハッカーが襲われ、24時間以内に殺害されていた!

最新のハイテク技術を駆使するサイバーテロ組織を相手に、完全なアナログ親父であるマクレーンはハッカーのファレルの助けを借りて、反撃を開始する。

しかしマクレーンの執拗な追撃に対して、テロリスト達は娘のルーシーを人質にする。

ダイハード4の感想

サイバーテロと言っても、マクレーン刑事がpc操作をしたり、ネットに進入してドンパチやるわけではありません!ご安心を!

今回の相棒であるオタク君マシューがデジタル面で手助けをしてくれます。

マクレーン刑事とオタクのマシューのコンビは中々はまってますよ。

一見デコボコに見えますが、お互いの欠点をちゃんと補っています。

この二人の妙な絆が、物語でも大事な役割を果たしている点も高評価です。

親父を敵に回してはいけない

ジョン・マクレーンの娘を攫うなんて、サイバーテロ組織もバカですね。

シルヴェスター・スタローンしかり、ブルース・ウィリスしかし、親父を怒らせたらどうなるのか、その恐怖を知らない見たいです。

娘を人質に取られたマクレーン刑事は無敵です。

「敵をぶっ殺して娘を救う」「娘を救ってぶっ殺す」「皆殺しだ!!」なんて言っちゃうレベルです。

襲い来るヘリコプターはパチンコのように車を当て破壊します。戦闘機のF-35だって一人で破壊しちゃいます。ありえないなんてもんじゃないですよ。

でもそんなむちゃくちゃなアクションシーンがアメリカの人には特にウケルんでしょうね。映画館で「fooooooo!」「yeah!」とか言ってそう。

アクションシーン

爽快でど派手なアクションにはドキドキします。

バカなやり取りの中始まる銃撃戦。これでもかってくらい起こる爆発。

かっこいいと思わせるカーアクション。

シリーズ4となりアクションもかなり派手になって来ていますが、宇宙に行って衛星壊してくるぜ!という無茶はまだしてないので、万人受けする映画に仕上がってます。

アクションしか見どころのない映画とも言えます…。

キャスト

f:id:kishimakishima:20180611012500j:plain

さきほどオタクのマシューはマクレーンのいい刑事だといいましたが、それでも彼の存在は薄いです。

というか、顔があまり好きじゃない…。

オタクっぽくもないし、二枚目でもない。彼だけの素朴なシーンはまるでB級映画です。

マクレーン演じるブルース・ウィリスと、ど派手なアクションが「ダイ・ハード」の9割を構成しているんじゃないでしょうか。

サイバーテロ組織のボス、ティモシー・オリファントもそうです。とてもかっこ良くて、組織のボスを演じてきっているのですが、何か足りない。「ダイ・ハード4.0」を盛り上げるためのキャラでしかありません。

やはりハンスを超える悪役はいないみたいですね。

キャスト(吹き替え)

ジョン・マクレーン  ブルース・ウィリス 野沢那智
マシュー・ファレル  ジャスティン・ロング 川中子雅人
ルーシー・ジェネロ メ アリー・エリザベス・ウィンステッド 園崎未恵
トーマス・ガブリエル  ティモシー・オリファント 東地宏樹
マイ・リン  マギー・Q 坪井木の実
ランド  シリル・ラファエリ 前島貴志
ボウマン  クリフ・カーティス 内田直哉

野沢那智だアアア

ジョン・マクレーンと言えば声優の野沢那智さんです。

野沢さんでない「ダイ・ハード」は「ダイ・ハード」ではありません!

つまり野沢那智さんだったら大体ダイ・ハードです。

ジョン・マクレーンのちょっとしたボヤき、セリフが野沢那智さんの声、演技力でさらに面白くなっています。

ちなみに、敵ボスの声優は洋画でおなじみの東地宏樹さんです。

素敵ですね。内田直哉さんも出ているし、ダイ・ハードってやっぱりすごいです。

まとめ

何も考えずに見れる!だから楽しめる!

だからダイ・ハードは面白い!

映画を見る≫