アクション

映画「キングスマン」マークハミル登場?あらすじ、感想、ネタバレあり

f:id:kishimakishima:20180611010652j:plain

今すぐ映画を見る≫

原題:KINGSMAN: THE SECRET SERVICE      公開年:2014  上映時間:129分

英国王のスピーチでオスカーを獲ったコリンファースが主演!!

痛快スパイアクションには目を見張る!クールなキャスト達はみなかっこいい!でもストーリーはツッコミどころ満載です。

このページでは映画キングスマンのあらすじ、感想を紹介しています

あらすじ

ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。

ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。

しかしある日、スパイ仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良青年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。 だが敵は想像もつかないヤツだった!!

ストーリーはよくあるスパイものです。

スパイ機関に敵が現れ、倒すために若いエージェントを迎え入れる。

ありきたりと言えばありきたり。

 しかし!!

なんじゃそりゃ!と言わざるを得ない展開たっぷりです。

まずね、映画自体が長く感じるんですよね。物語のテンポが悪いせいでしょうか。

青年にフォーカスを当てまくっているせいか、いらないシーンが多いんです。

 言われなくても想像できることをご丁寧に「実はこうなんだよ」と教えてきます。

もっとユーモアやコミカルさがあれば、飽きずに楽しめたかなという気がします。

まあキャストが英国紳士なのでね。

メインはアクションですしおすし。

ストーリーにはあまり期待しないほうがいいでしょう。

アクションシーン

この映画の見せ所はアクションシーンと言っても過言ではない!

監督が「キル・ビル」のマシュー・ヴォーンなので、かなりスタイリッシュな戦闘シーンが盛りだくさんです。

見ていて飽きません!

スーツ姿のコリン・ファースが服を乱さず敵を殺す場面はもうほれぼれしますよ!

スーツを乱して殺戮マシーンと化するコリン・ファースもクールで素敵なんですけどね。

「ダイ・ハード」のように「ババババ、ズカーン、ばっこーん」とド派手ではないため、キングスマンの上品さは物足りないという人もいるみたいです。

ちなみにグロテスクな個所があるので、苦手な方は注意です!

子供にもおすすめしません。

ラスト

若きスパイ、エグジーの先輩であるコリン・ファース。

スマートでクールだったのに、最後のヤマを迎えることなく死にます

もう一度言います、死にます

なんで?と叫ばずにはいられません。

やはり主役はイケメン青年エグジーなのか…。

コリン・ファースが死ぬことになんの意味があるのか!!

よくわからないまま敵は壊滅し、エンドロールが流れます。

深く考えて鑑賞すると肩透かしをくらうので、頭空っぽにしてコーラ缶片手に見るのがいいのかもしれませんね。

(所詮は娯楽映画の域を出ません)

2が制作されるそうですが、ミッションインポッシブルや007のように長く愛される映画にはならないかなといった感じです。

キャスト

・本作キングスマンでブレイクした俳優タロン・エガートン。

とてもかっこいいお顔ですが、ほれぼれするような演技!といった感想は抱きませんでした。

・英国映画によく出演しているコリン・ファース。

泣き顔がかわいいのですが本作では見られませんでした。残念。

・スターウォーズでルークを演じたマークハミル。マークハミル!?

出演していたなんて気づかなかった!!

これからご覧になる方は誰がマークハミルなのかお探しください。

(案外簡単に見つかりそう。)

f:id:kishimakishima:20180611010934j:plain

まとめ

キングスマンはかなり評価が高いですが、私はあまりハマりませんでした。

2回は見なくていいかな。

コリン・ファース見たさでまた鑑賞するかもしれませんが…。

めっちゃおもしろかった!とは言えないけれど、はまる人ははまる映画です。

*2018年追記

個人的には続編よりこちらの方がグロて好きでした。

面白いのもこっちですね

映画を見る≫