ホラー

映画「ウルフマン」ゴシックホラーでグロい!あらすじ、ネタバレ感想

今すぐ映画を見る≫

俳優ベニチオデルトロ見たさでレンタルしましたが、エミリーブラント、アンソニーホプキンスが出演するなどキャストが豪華で驚きました

ストーリーは単純で、狼男になってしまった男が人々を殺すというお話です

ゴシックなイギリスの雰囲気は最高なんですが、私にはグロテスクで怖いシーンは目を閉じてしまいました…

あと音で驚かすのが苦手な人も見ない方がいいでしょう

ということで、このページでは映画「ウルフマン」のネタバレあらすじ、感想、キャスト(声優)を紹介します!

ベニチオデルトロとエミリーブラントは映画ボーダーラインでも共演!

映画ウルフマンの作品情報

タイトルウルフマン
原題The Wolfman
上映時間102分
公開年2010年
製作国アメリカ
オススメ度

1941年の映画「狼男」のリメイク作品です

映画ウルフマンのあらすじ(ネタバレ)

1891年のイギリス

ロンドンで舞台俳優として名声を得ていたローレンス・タルボットは、弟ベンの婚約者グエン・コンリフからの知らせでベンが行方不明であることを知り、久しぶりに帰って来る

待っていたのは父ジョン・タルボットの冷たい歓迎であった

さらに弟のベンは無残な姿で殺されていた

葬儀後、ローレンスは弟を殺害した犯人が狼男であることを突き止め、ジプシーのキャンプでウルフマンを倒すべく交戦するが、逆に傷を負わされ呪いにより狼男になってしまう

そしてローレンは本人の意思とは関係なく人間を殺し始める…

映画ウルフマンのラスト

森でローレンスを襲ったのは、なんと父親だった

実は父親も狼男で、自分の王国を継がせる為に(狼男の血を途絶えさせないために)ローレンを噛み同族にしたのだ

さらに父親は妻とローレンスの弟も殺していた

ローレンスは村人殺しの容疑者として、精神病院に連れられ拷問されるが、なんとか逃げ出し父の元に戻り、敵を討つ

ラスト、ローレンスは好きになってしまった弟の婚約者グエンが放った銀弾により殺される…

映画ウルフマンの感想

切ないエンディングは嫌いじゃないけど、ハッピーエンドが良かったな!

ストーリーは単純で、狼男になってしまったベニチオデルトロが警察や村人を見境なく殺し、最後自身も死んでしまうというものです

ちょっとした驚きといえば、父親であるアンソニーホプキンスも狼男で母親、弟も殺していたということ

この事実が判明してからは、アンソニーホプキンスがクズ親父に豹変します

今にも地獄に落ちそうな悪役っぷりは逆に好感を持てました

 

ラスト、狼男になってしまったベニチオデルトロは好きになってしまった弟の婚約者エミリーブランとキスをします

このシーンが映画ウルフマンの最高潮にして一番盛り上がるシーンです

個人的にはもっとハグしてキスして愛し合って欲しかったのですが、そんなこともなく…

狼男はその後、父を殺し、好きになった女性まで襲ってしまいます

でも殺そうとする手前で良心を思い出したのか、ちょっとためらいます
(単に満月の力が弱まっただけかもしれない)

そこにエミリーブラントが銀弾を撃ち込み、狼男は死んでしまいます

とても悲しいエンディングです…

以上のように童話的なストーリーはとてもシンプル
だからこそ登場人物の心の機微に焦点を当てて欲しかったのですが、願い虚しくそれぞれの人物にじっくりスポットが当たることはありませんでした

なのでかなり物足りなかったです…

もっと狼男の苦悩や苦しみ、愛し合う男女の切なさ、親子の恨みをじくっと描いて欲しかった

 

また映画ウルフマンは内臓が飛び散ったり、首が飛んだり、拷問シーンがあったりとR15のグロテスクなシーンが多くなっています

グロが苦手な私にはけっこうきつかったです

大きな音でビビらせるシーンも多いので、心臓が弱い人には向かないでしょう

*映画セブン、キューブ、ムカデ人間が平気な人は余裕で視聴できるレベルです

そんな感じでグロ描写に力が入っている割にはアクションシーンが安っぽい!

キャストが豪華なのにストーリーが物足りなくて、ホラーシーンはグロくて凄いのにアクションは安っぽくて笑える

なんだかバランスの悪い映画です

それでも「見て良かったー!」となったのは、主演ベニチオデルトロがめちゃくちゃかっこ良かったからです

ベニチオデルトロ(キャスト)が素敵!!

最近ベニチオデルトロという俳優にはまってまして、彼の出演作をブタのように漁って見て楽しんでいるんですが、本作のベニチオデルトロもセクシーで凄かったです

彼の演技の幅には毎回驚かされます

映画「悲しみが乾くまで」では薬物中毒の優しい男を演じており、あまりのセクシーさにノックアウトした私ですが、ウルフマンのベニチオデルトロも最高に紳士でクールでかっこ良かったです

19世紀のゴシックな服装も素敵です
ただ立っているだけで絵になります

1番の見どころはやはりエミリーブラントとのキスシーンですかね

そこで「来世であなたに会えるなら、もう他になにもいらない」的なことを言うんですよ

超かっこよくて鼻がもげそう!!

きざなセリフですが、悲壮感ただようシーンなので切なくなっちゃいました




そういえばエミリーブラントとベニチオデルトロって映画「ボーダーライン」で共演しているんですよね

ボーダーラインでは2人の力関係が明白で、幸せなんてなにも無い内容ですから見ていてちょっと辛くなりましたが、本作でその気持ちがちょっと救われた気がしました

だからこそもっと2人のラブシーンが見たかった!!

そうはいってもウルフマンはホラー映画ですからね、ラブ要素は多くない方が映画のテーマ的にもいいのかもしれません…

悲しみが乾くまで
映画「悲しみが乾くまで」ベニチオデルトロがセクシー!あらすじ、ネタバレ感想 今すぐ映画を見る≫ ベニチオデルトロといえば「ユージュアルサスペクツ」「ボーダーライン」ですが、「悲しみが乾くまで」もかな...

映画ウルフマンのキャスト

監督  ジョー・ジョンストン
ベニチオ・デル・トロ 山路和弘
アンソニー・ホプキンス三木敏彦
エミリー・ブラント花村さやか
ヒューゴ・ウィーヴィング佐々木勝彦

監督ジョー・ジョンストンは『ジュマンジ』『ジュラシック・パークIII』の監督です

ヒューゴ・ウィーヴィングは映画VフォーヴェンデッタでVを演じています
キャスト情報を見るまで彼が出ているとは気づきませんでした
相変わらずいい声です‥(警部役)

まとめ

映画「ウルフマン」を紹介しました

ストーリーは物足りないけど、ホラー描写は良くできているしゴシックな雰囲気も素敵!

グロが苦手じゃない、ベニチオデルトロが好きな人はぜひ視聴してみてくださいね

映画を見る≫

悲しみが乾くまで
映画「悲しみが乾くまで」ベニチオデルトロがセクシー!あらすじ、ネタバレ感想 今すぐ映画を見る≫ ベニチオデルトロといえば「ユージュアルサスペクツ」「ボーダーライン」ですが、「悲しみが乾くまで」もかな...