ドラマ

映画「はじまりのうた」口コミで大ヒット!あらすじ、感想、曲について

今すぐ映画を見る≫

運命的な出会いを果たした男女が音楽を楽しみ、色んな人達との絆を深めるミュージック映画「はじまりのうた」

よくあるラブストーリーに帰結しないのがいいですね!

劇中で流れる歌も素敵なのでサントラが欲しくなります

ということで、このページでは映画「はじまりのうた」のネタバレあらすじ、感想、キャスト(声優)、劇中の曲を紹介します!

マルーン5のアダム・レヴィーンが映画初出演!

はじまりのうたの作品情報

タイトルはじまりのうた
原題Begin Again
上映時間104分
公開年2015年
製作国アメリカ
オススメ度

全米5館での上映が口コミで人気を獲得し1,300館にまで広がった

同監督の前作「ONCE ダブリンの街角で」も全米では2館からの公開だったが、その後口コミで話題になり、140館まで劇場数を増やしたほか、サウンドトラックは全米チャートで2位を獲得した

はじまうたのあらすじ(ネタバレ)

製作した曲が映画に採用された恋人のデイヴとともにイギリスからニューヨークへやってきたシンガーソングライターのグレタだったが、デイヴの浮気により彼と別れて、友人のスティーヴを頼る

スティーブは失意のグレタを励まそうとライブバーに連れていき、彼女を無理やりステージに上げる

グレタが歌っていたところ、偶然その場に居合わせた落ち目の音楽プロデューサー・ダンの目に留まる

ダンはグレタに一緒に、お金をかけずに外で録音し、アルバムを作ろうと持ち掛けるのだった

はじまりのうたのラスト

ダンとグレタはアルバムを作り、大ヒット!

グレタも元恋人と良い形で別れ、ダンは元妻や娘との絆を取り戻すのだった

映画はじまりのうたの感想

劇中で流れる歌の全てが好き!!!

映画「はじまりのうた」の監督ジョン・カーニーの前作「ONCE ダブリンの街角で」よりハッピーで、見ていて面白かったです

「ONCE ダブリンの街角で」も落ち着いた大人のストーリーで大好きなんですけどね

映画「はじまりのうた」の良かったポイントは個人的に2つ

  • 劇中で流れる曲が素敵
  • 人間関係の描き方がサラっとしている

 

音楽映画なだけあって、劇中で流れるすべての曲が素敵

主演のキーラ・ナイトレイのちょっと掠れた声と歌詞が最高にマッチしていましたね
深夜にコーヒーを飲みながらずっと聞いていたくなりました

歌唱力があるわけでもないし、超絶うまいわけでもないのに、胸にすっと入って来る歌声ってある意味で貴重ですよね

彼女の歯がガタついているのもスーパースターではない、ただのシンガーソングライターっぽくて、親しみが持てました

また本作にはマルーン5のアダム・レヴィーンも登場します

さすがの歌唱力で、映画のエンターテインメント性を高めています

見惚れる歌声です。
ひげ面はSF映画「エクスマキナ」に出てくるIT社長を思い出しました

関連記事映画「エクス・マキナ」キョウコ役はだれ?ネタバレ感想レビュー!

そして「はじまりのうた」で良かったポイント2つ目人間関係

主人公のグレタは芯があるのにどこかふわふわしています
それは他の登場人物にも言えることかもしれませんが、バックボーンが不明なので今の彼女達しか視聴者は知りえないんですよね

なのでそれぞれのキャラクターの繋がりがサラっとしているように見えました

でも決して希薄なわけではなく、むしろ力強く結びついてみえるから不思議です

グレタとプロデューサーのダンはちょっと危ない関係になりそうで、ならない
良いパートナーであり続ける

グレタと友人のスティーヴは一緒に住むことになるけど、友達以上にはなっていないと言及されなくても視聴者が確信できる

ダンと元妻、娘もぎくしゃくしているけれど、激しく衝突することなく絆を取り戻す

人間関係をサラっとスマートに描きつつ、うまい具合にまとまるのが個人的に嬉しかったです

ここでグレタが元恋人とワーワー喧嘩したり、グレタとダンが熱いキスをしたら最悪でしたね

「はじまりのうた」は音楽を通じて人が結びつくということから逸脱しないので、最初から最後まで安心して楽しめます

よけいな物(展開)がない映画って、スっと心に入ってくるので心が洗われる気分になります

はじまりのうたの劇中曲

はじまりのうた(BEGIN AGAIN)のサウンドトラックはapple musicやAmazon musicで聞くことができます

YouTubeなどでも聞けますがCDを買う価値は大いにあります

  • ロスト・スターズ(劇中で何度か流れる、第87回アカデミー賞の歌曲賞にノミネートされた)
  • No One Else Like You(グレタとデイヴがレコーディングで歌う)
  • A Higher Place(デイヴが浮気相手を思って歌った曲)
  • Like a Fool(グレタと友達のスティーヴが歌う。デイヴの留守電に残す曲)
  • Coming Up Roses(グレタと仲間たちが路地裏で録音する曲)
  • A Step You Can’t Take Back(1番最初に流れる地下鉄での自殺の曲)
  • Tell Me If You Wanna Go Home(屋上で歌う。ダンの娘がエレキギターを鳴らす曲)

素晴らしい曲ばかりですね

個人的にはグレタ(キーラナイトレイ)がアコギを弾く、地下鉄での自殺の歌A Step You Can’t Take Backが好きです

劇中曲を聞きながら夜の街を散歩したい

はじまりのうたのキャスト

監督 ジョン・カーニー
グレタ キーラ・ナイトレイ(弓場沙織)
ダンマーク・ラファロ(堀内賢雄 )
バイオレット ヘイリー・スタインフェルド(金元寿子)
デイヴマルーン5 アダム・レヴィーン(田村真)
スティーヴ ジェームズ・コーデン(あべそういち)
サウルヤシーン・ベイ(宮本淳)
トラブルガムシーロー・グリーン(北村謙次)

キーラ・ナイトレイといえば映画「パイレーツオブカリビアン」と「ラブアクチュアリー」です
怒ったときのキっとした顔がクールで好き

ダンを演じたマーク・ラファロも名優です
呑んだくれつつ音楽に熱中する親父の役がピッタリでした!

まとめ

胸にじぃんと染みわたり、心地い余韻を残してくれた音楽映画「はじまりのうた」

この映画が1番好き!という人がいるのも納得です

あと言い忘れていましたが、最初の出会いを別視点から3回ほど見せる演出も好きです

「ああ、そういう思いでグレタはステージに立って、ダンはやって来たんだ」と思えたので

何度も見たくなる映画ですね!

映画を見る≫