アクション

映画「コラテラル」トムクルーズが悪役!あらすじ、キャスト、ネタバレあり

コラテラル

今すぐ映画を見る≫

ミッションインポッシブルや宇宙戦争で誰かを守るヒーロー的な役を演じているトムクルーズが、今作では悪役を演じています。

でもただのチンピラではなく、孤独を抱えた暗殺者なので、「全然トムクルーズっぽさがない!」というわけではありません。

評価も高いですし、意外と知られていない名作です。

このページでは映画「コラテラル」の意味、あらすじ、キャスト、についてお伝えします!

映画情報

タイトル:コラテラル

原題:Collateral

公開:2004年

上映時間:120分

コラテラルの意味

コラテラルとはというのは”不運な巻き添、というような意味で、この映画では従犯を意味しています。

殺し屋と出会ってしまったタクシー運転手を指しています。

コラテラルのあらすじ

www.youtube.com

マックスはロスのタクシー運転手。

いつかリムジン・サービスの会社を持つことを夢見て今の仕事は腰掛だと思いながら日々働いていた。

ある日、マックスは検事のアニーを乗せる。社内での会話から、2人は互いに好感を持つ。

アニーをおろした後に乗せた客は、ヴィンセントという男だった。一見ビジネスマン風。

一晩で5箇所を回って仕事を済ませなければならないのでマックスの腕を見込んで、ハイヤーとして雇わせてくれてと言う・・。

マックスは高額の報酬に釣られて承諾。

だが、ヴィンンセントは麻薬組織に雇われた殺し屋で、裁判で不利な証言をする者たちを殺すのが仕事だった。

コラテラルのラスト

f:id:kishimakishima:20180802160137p:plain

マックスは5人目の標的であるアニーをヴィンセントから守るため、それまで行動をともにしていたヴィンセントと対峙する

地下鉄で光が消えたその時、2人は銃を発砲する。

だが倒れたのは殺し屋のヴィンセントの方だった…

ヴィンセントは前に自分が言ったように「地球上から人間が1人や2人消えたところで何の変化も無い」状態で、座席の上で眠るように息絶える。

コラテラルの見どころ

銃撃アクションはさすがトムクルーズといった感じで、めっちゃかっこいいです

ダイハードのようなヒャッハー!感はなく、淡々と殺す感じがまさにプロの殺し屋

そんなトムクルーズにおびえながらも、金の為に一緒にいるのはジェイミーフォックスです。でもタクシー運転手をする彼は、殺し屋と過ごす事で自分を変えていきます。

こんなのはいけないことだと、行動を始め、最終的に2人は対峙します。

それまで反発しあいながらも一緒にいた2人が最後銃を向けるのです。

けっしてバディものではないんですが、それっぽい雰囲気があるので、ラストシーンは息を飲むんですよね

しかもプロの殺し屋が負けるというエンディングです

映画的ですよねー

でも妙に納得してしまうんですよ

トムクルーズ演じるヴィンセントは負けるべくして負けたんだなと。

それは彼が抱える孤独や闇のせいじゃないかなと思います

地下鉄の車内でがっくり首を落とすヴィンセントはまさに孤独に死んでいく暗殺者で、それがまた哀愁漂っていていいんですよね

なのでコラテラルの見どころは、

・トムクルーズの悪役演技

・殺し屋とタクシー運転手の関係

・ラスト(2人の分かれ道)

です!

コラテラルを視聴する際はぜひこの3つに注目してくださいね!

コラテラルのキャスト

監督:マイケルマン

「ハンコック」「パブリック・エネミーズ」の監督

f:id:kishimakishima:20180802153009j:plain

トムクルーズ(森川智之)

「ミッションインポッシブルシリーズ」「トップガン」「レインマン」に出演

関連記事:映画「レインマン」あらすじ、感想、ネタバレあり。モデルはだれ?

f:id:kishimakishima:20180802153426j:plain

ジェイミー・フォックス(高木渉)

「ANNIE/アニー」「ベイビー・ドライバーに出演

f:id:kishimakishima:20180802153626j:plain

ジェイダ・ピンケット=スミス(朴璐美)

「マトリックスシリーズ」に出演 ウィルスミスの奥さん

その他のキャスト

ファニング – マーク・ラファロ(山路和弘)
リチャード – ピーター・バーグ(青山穣)
ペドロサ – ブルース・マッギル(辻親八)
アイダ – イルマ・P・ホール(片岡富枝)
ダニエル – バリー・シャバカ・ヘンリー(宝亀克寿)
フェリックス – ハビエル・バルデム(大川透)
空港の男 – ジェイソン・ステイサム(古田信幸)カメオ出演!

関連記事:公開前情報まとめ|サメ映画「メグ」ジェイソン・ステイサム光臨!キャスト、あらすじ、原作

コラテラルの評価・評判は?

Yahoo!レビューでの評価は☆3.58 点と好評価

「見応えたっぷりのハードボイル・サスペンス」

「登場人物それぞれの個人哲学を絶妙にスパイスしているから、
それぞれのキャラに深みが出てきて、結果的に映画全体に深みを与えている」

「アクション映画の設定を楽しむ、というより、大人の雰囲気を楽しむ、シブい映画である」

まとめ

トムクルーズが悪役を演じた映画「コラテラル」

白髪のトムはまあ渋くてかっこいいですし、ダメな男を演じたジェイミーフォックスも味があっていい!

大人の映画コラテラルは知らなきゃ損のクライムムービーです!

オススメ記事

www.kishimamovie.com

www.kishimamovie.com

www.kishimamovie.com