アクション

映画「タイタンの戦い(1981)」特撮好きにはたまらない?あらすじ、評価、ネタバレ

f:id:kishimakishima:20180609175101j:plain

原題:Clash of the Titans  公開:1981年  上映時間:118分

ギリシャ神話をモチーフにした恋と冒険のファンタジー映画。

2010年公開のタイタンの戦いは本作のリメイクです。

やっぱり映像、構成、展開は映画産業が発展した近年の作品には負けます。

それでも1981年のタイタンの戦いは当時、人気を博しました。

登場するモンスターが多いのですが、そのどれもが安っぽいにも関わらず愛着を持ってしまいます。

あらすじ

アルゴスの国王の娘ダナエは、神々の中の神ともいえるゼウスとのたわむれの恋の結果、男の子ペルセウスを生み、その罪として、ともども海に投げられてしまう。

一方、ゼウスは、山頂の神殿で妻ヘラ、海の女神テティス、美と愛の女神アフロディ、知恵の女神アテナらを傍に置き悠々なる日々を送っている。

しかし娘を海に投げ入れたアルゴス国王の行動に怒ったゼウスは、海獣クラーケンを放ち民ともどもアルゴスを滅ぼすよう命じる。海底からクラーケンが現われ、アルゴス国は波にのまれる。

ゼウスの息子であるペルセウスは行きついた島で逞しく生き、王女アンドロメダと出会う。

しかしアンドロメダは呪われており、求婚者が謎を解けない限り彼女は結婚できず、謎を解けなかった者は焼き殺されることを知る。

ゼウスは息子であるペルセウスを助けるため、全身が透明になるヘルメット、魔法の剣、盾を送る。

ペルセウスは愛するアンドロメダを守るため、謎解き、モンスターを倒していく。

 

ラスト

しかしアンドロメダはクラーケンの生贄にされそうになる。

アンドロメダを助けるため、またもペルセウスは戦う。

メデューサ所有の2つ頭の番犬ディオスキロスを倒し、メデューサの首も切り落とす。

ペルセウスはメデューサの首を、大海獣クラーケンに向け、石に変える。

最後ペルセウスとアンドロメダは幸せになり、幸福と安泰が永遠に続くようにとペルセウス座、アンドロメダ座、ペガスス座、カシオペヤ座の名が星座に付けられた。

感想

ごろごろのギリシャ神話映画です。

エンタメ的な仕上がりなので、難しくてややこしい神話物語だぞーという感じではありません。

分かりやすい冒険劇は頭からっぽでも見れるのでいいですね。

しかし映像があまりにも…、なんというか特撮って感じです。

同年に公開したスター・ウォーズなんかとは比べ物にならないです。

レトロ感が好きな人にはいいかもしれません。

レイ・ハリーハウゼンの、この手作り感がたまらないんだよ!という意見もチラホラ聞きます。

多くのファンに、とても愛されている作品なんですね。

f:id:kishimakishima:20180609175159j:plain

キャスト

ペルセウス…ハリー・ハムリン

アンドロメダ…ジュディ・バウカー

ゼウス…ローレンス・オリヴィエ

ヘーラー… クレア・ブルーム

テティス…マギー・スミス

アフロディーテ…ウルスラ・アンドレス

制作:レイ・ハリーハウゼン

映画史上、20世紀の映画における特撮技術の歴史を作ってきたといわれる人物。

感想

映画「タイタンの戦い」は古っぽい映像が多くの人に愛されているファンタジー冒険映画です。

 2010年のリメイク版「タイタンの戦い」はもっとアクション色が強く、さらにエンタメ寄りになってます。

にしてもギリシャの神さまって色々やりすぎ!遊びすぎ!