コメディ

「ジャングル・ジョージ」笑えるターザン映画!あらすじ、感想、ムキムキあり。

f:id:kishimakishima:20180618013501j:plain

原題:George of the Jungle 公開:1998年  上映時間:91分

同名アニメの実写版!!

制作がウォルトディズニーなので、ひとまず安心な内容となっています。

1998年に制作されましたが、動物たちもぬいぐるみ感たっぷりで、ジャングルもセットぽいです。

それでもコメディらしくおもしろく仕上げているので、子供が楽しむ分には問題ない映画になっています!!

あらすじ

アフリカの上空で飛行機が山に激突!!

しかし赤ちゃんのジョージは死ななかった!

ジャングルに放り出されたジョージは、英語を話すゴリラに拾われます。

英語を話すゴリラはどこから来たんでしょう…。

手話を使うゴリラならテレビで見たことがありますが…。

とにかくそのゴリラのおかげで、立派に育ったジョージはジャングルの王になります。

ジョージはある日、森に迷い込んだ美女アースラと出会うのです。

彼女に惚れたジョージは、ジャングルを抜け出し、彼女を追ってサンフランシスコへ行きます!

惚れた女性のために故郷を離れ、異国の地へ行くなんて。

素敵ですね。

しかし都会のサンフランシスコはジョージには似合いません。

勝手に橋の上を歩き、レスキュー隊を出動させたり、車の窓から顔を出してトラックに頭をぶつけたり。

アースラを好きなジャングルを荒らす男も登場するし、画面は終始わちゃわちゃしています。

最後にジョージはアースラと結ばれ、ジャングルで結婚式をあげます。

ディズニー映画らしいハッピーエンドですね。

感想

2016年に公開された「ターザン」はどちからというと大人向けですが、本作は子供向けとなっています。

大人が見ても楽しめますけどね。

都会の発達した文化になじめないジョージは可愛らしくって、ドジで笑えます。

動物たちもリアルさがないので、逆に可愛くって親しみがもてます。

ナレーションも登場人物に話しかけるなど、第四の壁を壊しにかかってくるので、その点もすごいなーと思います。

デッドプールみたいです。

ナレーションが登場人物に話しかけて、お話を変えようとする第四の壁という概念を知らないと「むちゃくちゃな設定だな!なんでナレーションがしゃしゃりでてんだ!」と思うかもしれません。

第四の壁をどう思うかは個人の好みによって違うでしょうね。

私はけっこう好きです。(古畑任三郎とか)

キャスト

ジョージ …ブレンダン・フレイザー(檀臣幸)

アースラ・スタンホープ… レスリー・マン(沢海陽子)

ライル・ヴァン・デ・グルート -…トーマス・ヘイデン・チャーチ(後藤敦)

エイプ …ジョン・クリーズ(大塚明夫)

クワメ -…リチャード・ラウンドトゥリー(チョー)

マックス … グレッグ・クラットウェル(中田和宏)

トール …アブラハム・ベンルービ(星野充昭)

ベッツィ …ケリー・ミラー(佐藤しのぶ)

監督:サム・ワイズマン

プロデュース:デヴィッド・ホバーマン、ジョーダン・カーナー、ジョン・アヴネット 脚本:ダナ・オルセン

まとめ

コメディジャングル映画「ジャングル・ジョージ」

 めちゃくちゃなシーンもあるけれど、笑えて楽しめる物語になっています。

リズミカルな音楽もおすすめ!聞いているとウキウキしちゃいますよ。