ラブストーリー

映画「ムーンライズ・キングダム」子供のディープキスが…。あらすじ、感想、ネタバレあり。

今すぐ映画を見る≫

親を亡くした少年と、ちょっと変わった少女が駆け落ちして、島の人たちを混乱させるちょっと意味不明な映画「ムーンライズ・キングダム」

いろいろとツッコミどころは多いのですが、単純に面白くありませんでした。

少年と少女のプチ冒険、小さな恋がテーマのようですが、メッセージ性もないし、エンタメ的楽しさも感じませんでした。

なぜ評価が高いのかサッパリです。

ただただ肌に合わない映画でした…。

映画情報

タイトル:ムーンライズ・キングダム

原題:Moonrise Kingdom

公開:2013年

上映時間:94分

ムーンライズ・キングダムあらすじ

1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。家庭に恵まれず世界に自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム。

サムは所属するボーイスカウトのサマー・キャンプ中に置き手紙を残し、姿を消してしまいます。一方、厳格な父と口うるさい母に辟易していた同い年の少女スージーも両親の目をかいくぐり、家を飛び出します。

1年前に出会い、瞬く間に恋に落ちたサムとスージー。2人は1年にわたって文通を続け、入念な駆け落ちの計画を練り上げていました。

草原で落ち合った2人は、手をとって秘密の場所“ムーンライズ・キングダム”を目指します。

一方、シャープ警部やボーイスカウトのウォード隊長、スージーの両親ら島の大人たちは2人の失踪に気づき大あわて。

逃亡中スージーはボーイスカウトの男の子をハサミで刺すし、スージー母と警部は不倫しているし、いろいろとごちゃごちゃしています。

大人の手から逃げた二人は海岸でキスをして愛を確かめますが、結局は大人に見つかってしまいます。

しかしサムに両親が居ないと知って急に優しくなったボーイスカウトが脱走を手助け。

サム、スージー、ボーイスカウトの連中は隣の島のボーイスカウトキャンプへ。

そこにちょうど大型台風がやってきて、キャンプは壊滅。

それでも逃げようとするサムとスージーを警部が説得します。

そして説得されちゃう二人。

最後に親のいないサムは警部に引き取られ、島に住むことに。スージーの傍にずっとい続けられるサムでした。

はい、ハッピーエンド!!!

ムーンライズ・キングダム感想

はい、二人は幸せ良かったね。

 ってそんなワケあるかーーー!!!

今までさんざん色んな人に迷惑かけましたが、サムは警部に引き取られ、居場所を見つけました!ってか。大好きなスージーとも一緒に居られますってか。

もうほんと意味が分からないです。

二人が逃亡中、かわいい犬も意味なく死んじゃうし。

スージーはハサミで男の子を刺してケガさせるし。

警部とスージー母は不倫してるけど、まあ人生って間違いもあるし、好きなのは止められないわ…って感じでうやむやになるし。

サムとスージーはフレンチキスしちゃうし。「固いのが当たってるわ」なんて言っちゃうし。

 完全に大人っごっこです。

私は、12歳の大人ごっこって甘酸っぱいわ~、とはならないです。

サムに両親がいないと知った大人たちは急に優しくなるし。

親を亡くしたから、こんなむちゃくちゃなことをしているんだね、って誰もが納得してしまうのはどうなんでしょう。

あまりにも「親がいない」ことを強調しすぎです。

親のいない、子供だから、多少のバカも許してやってよって?

最後に警部がサムを引き取る理由もいまいちわかりません。

サムと警部はちょっとお喋りをしましたが、心を通わせるシーンは特になかったです。

ほんとキャラクターや展開がゴチャゴチャしてて、90分がとても長く感じました。

字幕も変!

日本語字幕もおかしかったです。理解できない文がチラホラありました。

「私が福祉よ」←??

「見られているような気がしているわ」←普通なら私が主語ですが、文脈が合わないのでなんのこっちゃです

私の理解力が無いのでしょうか。

伝わらない文や言葉が他の映画より多かったです。

ムーンライズ・キングダムのキャスト

サム  ジャレッド・ギルマン

スージー  カーラ・ヘイワード

シャープ警部  ブルース・ウィリス

ウォード隊長  エドワード・ノートン

スージー父  ビル・マーレイ

スージー母 フランシス・マクドーマンド

 まとめ

最初は期待して見ていましたが、主人公たちのワガママで自分勝手な態度に最後は辟易しました。時間の無駄映画でした。

少年少女の甘酸っぱい恋が好きな人には楽しめるかも!

今すぐ映画を見る≫