【1989年】ドラえもん のび太の日本誕生のあらすじ、感想!トラウマを癒す畑のレストラン

f:id:kishimakishima:20180605174528j:plain

 

 

ドラえもん のび太の日本誕生

 

 公開:1989年 上映時間:100分

 

 

 ドラえもん のび太の日本誕生は映画シリーズ第10作、映画ドラえもん10周年記念作品となっています。

 

 監督は芝山努。ドラえもんの映画ではとても有名な監督です。

 環境破壊や汚染についての問題を子供にも分かりやすく説明してくれるので、旧ドラえもんの映画は考えさせられるんですよね。

 

 ということでこのページでは、旧ドラえもん日本誕生の3行ストーリーと感想について紹介しています。

 

 

 

目次

 

 

ストーリー

  7万年前の後期更新世日本および中国大陸が舞台。

 

 精霊王ギガゾンビを擁するクラヤミ族と、それに相対するヒカリ族の側に着いたドラえもんとのび太達の戦いを描く。

 

 簡単に言えば、部族戦争に肩入れしたドラえもん達、ってところでしょうか。

 

 

f:id:kishimakishima:20160310112537p:plain

 

 

 ちなみにギガゾンビの手下である、土偶ツチダマはドラえもん映画のトラウマとしても有名です。

 

 壊されても復活し、のび太達を追いかけまわす様はけっこう怖いです。

 

 土偶ならではの不気味さもまた怖さを増長させます。

 

 ドラえもんの映画ってたまに怖い描写が入りますよね…。そこがドラえもん映画の魅力なんですが。

 

 先ほども言いましたが、ドラえもん映画は大人に向けたメッセージがいたるところに隠されています。

 

 子供が見るとドキドキワクワク。

 

 大人が見ると昔懐かしい感覚と、今自分がすべきことが見るかるかもしれません。

 

f:id:kishimakishima:20180605175805j:plain

 

 それからドラえもんの映画はご飯が美味しそうなんですよね!畑からとれたカブを開けるとカレーが入っていたり。

 懐かしい絵のタッチが料理を美味しそうに見せてくれます。

 

 見ているとお腹が空きます(;'∀')

 

まとめ 

 

 新ドラ日本誕生を映画館で観たのなら、旧ドラもお家で楽しもう!!

 

 

 比較するのもまた醍醐味です。

 

オススメ記事

 

www.kishimamovie.com

 

www.kishimamovie.com