疲れたときや悩んでいるときにおすすめの映画10選!(uzurea.com)≫

【2019年】最高に面白かった映画10作を紹介!アニメ・洋画など

2019年面白かった映画

こんにちは、映画ブロガーのキシマです。2019年もさまざまな映画を家やシアターで鑑賞しました。

下半期は仕事で忙しく、あまり新作は見れませんでしたが…。

今回は「2019年に見た中で特に面白かった映画を10作」紹介します。新作・旧作こみで、順不同となっています。

こんな作品もあったなーと一緒に振り返っていきましょう!

ちなみに2018年に見たオススメ映画10作品+3!は下の記事で紹介しています。

2018 おすすめ 映画 2018年に見たオススメ映画10作品+3!劇場公開作&レンタル作品

2019年面白かった映画10作!アニメ・洋画・邦画

私はあまり邦画は見ないので、今回はアニメと洋画をメインに紹介します。順不同です!

スターウォーズ9:スカイウォーカーの夜明け

https://twitter.com/kishimagame/status/1207927601789976576

2019年12月20日公開のスターウォーズ完結作スカイウォーカーの夜明け。旧作が大好きな私にとっては、続三部作は旧キャストが出演しているだけの作品。

特にエピソード8は…ブツブツ。

そんなわけで新しいスターウォーズは「あまり好きじゃない」という評価でしたが、完結作スカイウォーカーの夜明けを見ると「ちょっと好き」に気持ちが変わりました。

なぜならレイア、ハンソロ、ルーク、チューバッカ、ランドが望む姿で出演していたから!みんながかっこ良く、意味のある存在として出演していたのが嬉しかったです。そりゃ粗を探せば「展開が急」とか色々ありますが、私にとっては続三部作の中で1番好きな作品となりました。

特に好きなのはルークがXウイングを引き上げるシーンと、レイアとルークが2人並ぶシーン、チューバッカがメダルを受け取るシーンです!!

スターウォーズの映画はひとまず完結ということで、しばらく寂しくなりそうですが…。

50周年が今から楽しみです!

 

すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

https://twitter.com/kishimagame/status/1195974109592580096

2019年11月8日公開の子供向けアニメ映画。SNSを中心に「鬱になる」「ジョーカー越え」などと話題になりましたが、個人的には優しくてほっこりする映画だったなと。

感想記事でも紹介していますが、まるでドラえもんのおばあちゃんの思い出のような作品で、涙が出るけど心が温かくなる内容でした。

途中で眠くなるシーンは多かったですが、本当にラストが秀逸!

エンディングに向けてふせんもはられているし、納得のいくストーリー展開で大人が「子供の為によく考えて作った」感があり、とても好感もてました!

DVD買おうかな…
ネタバレ感想『映画すみっコぐらし』のラストに号泣!居場所なんてどこにもない?

 

スパイダーマン・スパイダーバース

2019年3月8日に公開された、スパイダーマンのアニメ映画。スパイダーマンシリーズをあまり知らない為、楽しめるか不安でしたが事前情報はいりませんでした。

色んな世界線からスパイダーマンが集まり、共闘する内容はもちろん面白いのですが、なにより映像が凄い!

アニメってまだまだ進化できるんだ

アニメ演出、表現、CGの広がりを感じてとても感動しました。2019年でいえばアニメ「鬼滅の刃」の表現にも驚きましたが、個人的にはスパイダーバースの方が衝撃度は高かったですね。しかも音楽も全部サイコー!

今年見たアニメ映画で1番好きな作品です。

スパイダーバース 【4DX・3D】スパイダーバースのあらすじ、ネタバレ感想!初めての映画体験に腰が抜けた

 

ギルティ

2019年2月22日公開のサスペンス映画。キャッチコピー「犯人は音の中に潜んでいる」。真夜中の緊急指令室、女性からの通報。どうやら誘拐されたみたい。解決の手掛かりは電話の声だけ…。

間が独特な作品なので、退屈に感じる時間もあるかもしれませんが、中盤からの緊迫感と結末は一見の価値あり!

まさかそういう事だったなんて

という驚きも感じられます。(サスペンス好きは結末が予想できるので、あまり驚かないかも?)

良質で時間の短いサスペンスって貴重なので、2019年この作品に出会えて本当に良かったです!

ギルティ 映画 映画「ギルティ」予想外と想定内の狭間で!あらすじ・ネタバレ感想

ジョンウィック3:パラベラム

https://twitter.com/kishimagame/status/1183357564764844032

アクション映画ジョンウィックのシリーズ3作目。キアヌリーブスの年を感じさせないガンアクション、哀愁を帯びた顔、ぼろぼろになっても立ち上がる姿がかっこいい!

キアヌってやっぱり唯一無二の俳優なんだと実感しましたね。

また共演したハルベリーも相変わらず美しい。彼女の犬を使った戦闘にも目が釘付けになりました。

ストーリーはあって無いようなものなので、特に頭を使わずに楽しめたのも良かったです。久しぶりに面白いアクション映画に出会えて満足です。

 

天国でまた会おう

2019年3月1日公開。1918年フランスが舞台の戦争詐欺にまつわるサスペンスドラマ。フランスの映画らしく美術がとにかく美しい!

衣装や小物はもちろん、その映し方にも美を感じる作品でした。特に顔にけがをおった主人公が付けるマスクの数々は、目を見張るものがあります。

でも1番好きなのはラスト。主人公のとったある行動があまりにも魅力的で、一瞬で心臓を鷲摑みにされました。

私もあのように綺麗に、迷いなくあの行動を取ってみたいものです

ちなみになぜ主人公があんな行動を取ったのかは、解釈によって変わると思うので、真実が知りたかったら原作を読むといいかもしれません。

天国でまた会おう 映画「天国でまた会おう」あらすじ、ネタバレ感想!ラストはびっくり!

 

ブラック・クランズマン

2019年3月22日公開の、黒人差別を描いた作品。白人の警官と黒人の警官がタッグを組んで、白人至上主義の組織KKKに潜入ストーリーはそこだけ聞くとエンタメっぽくワクワクしますが、実際の雰囲気はエンタメというよりリアルそのものです。

例えば劇中には、差別され殺された黒人の少年の骨を、白人たちが記念に持ち帰ったなど、かなりショッキングな出来事も語られています。

鑑賞後には怒りや悲しみがこみあげてきました。

本作に関しては感想記事の方で、現代の差別や映像を交えて語っています。黒人差別に関心があるかたは読んでみて下さい。

ブラッククランズマン アダムドライバー 映画「ブラッククランンズマン」あらすじ、ネタバレ感想-黒人差別は他人事か?

 

ある少年の告白

2019年4月19日公開。ゲイであることを家族に打ち明けられず、また大学生のときに男から性暴力を受けた青年が、ゲイ矯正施設に入る実話を描いた作品。

レイプ未遂シーンは見ていてかなりつらかった…

性暴力のシーンがたとえ映画で、演技だとしても苦手なので見るのがけっこう辛かったです。それでも見なければと思い最後まで鑑賞。同性愛矯正施設に入った子供たちの苦悩と痛みに、涙が止まりませんでした。

アメリカえは日本以上にゲイやレズは差別されると知ってはいましたが、いざその様子を見ると胸がつまりましたね。宗教=アイデンティティーの一部なので、「神様はゲイのお前を愛さない」と言われた子供たちの表情を見ると…。

役者たちが素晴らしかったので、そのぶんかなり感情移入してしまいました…。面白いというより、心に残った作品ですね。

 

ダイナー

https://twitter.com/kishimagame/status/1139052959277314048

2019年7月5日公開の邦画。原作は平山夢明の小説「ダイナー」です。元殺し屋の天才シェフが殺し屋向けにレストランを営み、いろんな客がやってくる…という内容です。

公開時は賛否両論で、どちらかというと否の感想の方が大きかったですが、原作を読んでいないせいか私にはとても楽しめました!

なにより藤原竜也がかっこいい!!

映画「デスノート」の彼も素敵でしたが、本作はさらに「男」の色気が漂っていました。また窪田正孝の裸にも大興奮。内容というより俳優が魅力的でしたね。

詳しい感想はサブカルメディアuzurea.netさんで紹介しています。

 

モアナと伝説の海

https://twitter.com/kishimagame/status/1146658428883881984

2016年公開のディズニー映画を、今年旅行中に鑑賞しました。まさかこんなに泣けて面白い作品だったとは…。

元気で海の向こう側を夢見る少女が、伝説の男と一緒に試練に立ち向かうという内容で、ワクワクあり笑いありで非常に楽しかったです!

とくに歌が美しく、吹き替えを担当した屋比久知奈さんには脱帽

また主人公モアナのおばあちゃんが素敵で、登場するたびに涙腺が緩みました…。おばあちゃんっ子にはかなり効く映画です…。

「インサイドヘッド」「カールじいさんと空飛ぶ家」のように、これは1年に1回は見たいと思います。

番外編!2019年に見た面白いアニメ3つ

最後に番外編として2019年に見たアニメを紹介します。

銀河英雄伝説

1988年に放映されたSF超大作。本編と外伝160話以上を見ましたが、とにかく面白い!スターウォーズの艦隊戦や、映画によくある作戦会議が大好きなのでドンピシャはまりました。

最近のアニメでは見られない「難しい言い回し」「細かい作戦内容」などもしっかり描かれているため、見どころありまくり。

なんでこの陣形を取るのか、この作戦を取るとどうなるか、考えるだけでわくわくします。

しかもキャラも20人以上登場しますが、どれも魅力的。個人的には若本さん演じるロイエンタールと、納谷悟朗さん演じるメルカッツ提督が大好きです!

声優さんたちの演技力も大いに楽しめる作品ですね。

鬼滅の刃

アニメを途中から鑑賞したのですが、その映像の美しさに目が離せず1話から鑑賞。とても面白かったですね。やはりブームになるだけはあります。

マンガ連載初期の時も「超面白い!」と話題にはなっていましたが…。アニメの力、みたいなものを感じた作品です。

SSSS.GRIDMAN

特撮ドラマグリッドマン。SF感満載で考察のよちもあり、毎話わくわくしながら鑑賞していました。私はそこまで特撮に興味はないので、本作はアニメだったせいか「バチン!」と自分の好みにハマりましたね。

主人公の女の子2人がエロ寄りに可愛くなりすぎてしまったのは、正直少し残念です。そんなことをしなくても充分可愛いのに…。

とはいえ、キャラはどれも魅力的だしストーリーもサスペンスっぽくて面白かったです!

まとめ

2019年に見た面白かった映画を10作紹介しまた。このほかにも「アナ雪2」「グリーンブック」「テッドバンディ」など色んな映画を見ましたが、すごい面白い!とは感じなかったため省きました。

どの作品もレンタルされているかと思うので、気になる方はぜひご鑑賞ください!!