クライム

マッツミケルセン主演「悪党に粛清を」あらすじ、感想、ネタバレあり

悪党に粛清を

今すぐ映画を見る≫

原題:THE SALVATION   公開:2015年  上映時間:92分

西部劇と言えばクリント・イーストウッドですよね。

荒野を馬で駆ける!胸毛の生えた熱い男たちの戦い!

しかし悪党に粛清をの主役は最近話題のマッツ・ミケルセンです。

テーマは復讐劇。あまりスカっとしないタイプの復讐劇です。

時間は92分と短めなのでサクっと鑑賞できますよ。

悪党に粛清をのあらすじ

1864年、ジョンと兄のピーターは、祖国デンマークで兵士として勇敢に戦った。

戦争に嫌悪感を抱いた彼らは新天地を求めアメリカ西部に移住し、ジョンは1871年にようやく妻と息子をアメリカに呼び寄せる。

だが、駅での再会の喜びもつかの間、親子3人は帰りの駅馬車でならず者と同乗することになる。

ならず者の酔っ払い野郎はジョンの妻を襲い、子供を人質に取る。為す術のないジョンは馬車から突き落とされてしまう…。

どれくらい走ったか分からない。

ジョンは馬車を追いかける途中で息子の死体を発見する。

さらに歩くとそこには、レイプされた妻の死体が…。

怒りに燃えるジョンは近くに居た犯人を銃で撃つ。一発、二発、三発。

怒鳴りもせず静かに撃ち殺す。

しかしこのレイプ犯は村を牛耳るボス、デラルーの仲間だった。

怒りに燃えたデラルーは住民を撃ち殺し、用心棒代をさらに要求する。

そしてジョンは兄ピーターと共に村を離れようとするが…。

悪党に粛清をのラスト

ジョンが仲間を殺したと知ったデラルーは、ジョンを捕らえて拷問をする。

兄ピーターはそんなジョンをこっそり助けるが、結局はデラルーに見つかり殺されてしまう。

ジョンは復讐を誓い、デラルーに囚われていた女マデリンもデラルーに復讐心を燃やす。

 二人は図らずも協力しあう形になり、デラルーを撃ち殺すことに成功!

ジョンとマデリンは二人で村を離れ旅にでるのだった…。

悪党に粛清をの感想

うわ~、痛々しいよ~。

西部劇ってあまり見ないんですよね。

だいたい女性が可愛そうになるシーンが入ってるので、まともに視聴できないんですよ。

本作でもジョンの妻はレイプされ、デラルー一味の女もひどい扱いを受けます。

いやー、きついっす。

殺すだけじゃ足りないよう、なんて思いながら見てました。

物語自体は単純な復讐劇です。

しかしマッツ・ミケルセンが無口!!どれだけ怒っているのか、それとも諦めているのか、良く分かりません。

主人公ジョンは復讐を果たし、重い荷物を降ろすことができたのでしょうか…。

用心棒組織のボス、デラルーも最悪な男でむかつきますが、それを放っておく保安官が諸悪の根源じゃないでしょうか。

強くて傍若無人な男デラルーに、いまは従うしかないんだ、村人全員を守るためには、誰か一人の犠牲が必要なんだ。そんなこと言う保安官なんて保安官じゃないよ!

日和見主義が何をもたらすか、良く分かる映画でしたね。

陰の主役

兄ピーターが弟思いでかっこいい!そして強い!

弟ジョンのために命を投げ出すピーターに惚れました。

兄弟愛をもっと描いてくれたら個人的には楽しめたのですが…。

 なんにせよ兄貴が男前でしたね。

マッツ・ミケルセン本人にも兄が居るのですが、そのせいでしょうか、弟役がピタリとはまっていましたね。

キャスト

ジョン – マッツ・ミケルセン(井上和彦)

マデリン – エヴァ・グリーン(森夏姫)

デラルー – ジェフリー・ディーン・モーガン(石田圭祐)

コルシカ人 – エリック・カントナ(山本格)

ピーター – ミカエル・パーシュブラント(金尾哲夫)

マリック – ダグラス・ヘンシュオール(牛山茂)

ポール – マイケル・レイモンド=ジェームズ

キーン – ジョナサン・プライス(池田ヒトシ)

まとめ

西部劇ってあまり見ませんが、本作は視聴して良かったなあと感じました。

今すぐ映画を見る≫

合わせて読みたい人気記事

www.kishimamovie.com

www.kishimamovie.com