アニメ

映画「猫の恩返し」耳をすませばのスピンオフ?あらすじ、感想、ネタバレあり。

公開:2002年  上映時間:75分

元気ハツラツな女子高生が猫の世界に迷い込む、という単純なストーリーなのですが、登場するキャラクターが個性的でかなーり面白いです!!

戦争、環境問題、部族抗争などジブリらしい深いテーマも無いので、最初から最後までハッピーな気持ちで鑑賞できます。

このページでは猫の恩返しのあらすじ、感想、耳をすませばとの関連を紹介します!

あらすじ

女子高生のハルは、車にひかれそうになっていた猫の国の王子ルーンを助けたことから、その恩返しとして猫の国に招待される。

気楽な猫の世界にすっかり魅了され、「このまま猫になるのもいいかも」と思ったハルは、王子ルーンの妃候補にされ、猫の姿に変化させられてしまう!!

このままでは人間の世界に戻れないとあわてたハルは、猫の男爵バロンの助けを借り、元の姿に戻るため奮闘する

ラスト

ハルはバロンとトキメキな時間を過ごすが、人間に戻らなければいけない。

それに王子ルーンには彼が決めるお嫁さんが居た。

バロンからいろいろ教わったハルは最後に人間に戻り、またいつもの生活に戻る。

でも、もし困ったことが起こっても大丈夫。

バロンはいつでもハルの近くに居るのだから…。

感想

バロンがかっこよすぎる!!

紳士的な猫って、素敵ですよね。

今まで数多くのしゃべる猫を見てきましたが、本作のバロンが猫界で一番紳士なんじゃないでしょうか。

対するデブ猫ムタは大雑把です。でも優しさを秘めたデブ猫です。

バロンしかり、ムタしかり、女子高生ハルの仲間はとても頼もしいですね。羨ましいです。

しかし猫世界の王様、猫王のせいでハルはドタバタに巻き込まれてしまいます。

ドタバタといっても、猫対人間の戦争とかそういうわけではありません。

ほんわかしたドタバタ劇です。

最後はちょっぴり切ないですがハッピーエンドなので、安心して鑑賞できますね。

子供から大人にまでおすすめできるジブリ作品です。

猫の恩返しは耳をすませばのスピンオフ!?

青春ジブリ映画「耳をすませば」は数多くの人が知る名作です。

実はその「耳をすませば」と本作「猫の恩返し」は繋がっているのです。

簡単に言えば「耳をすませば」に登場する月島雫は小説家を目指しているのですが、彼女が書いた作品が「猫の恩返し」という設定なのです。

確かに耳をすませばの作中ではバロンらしき猫が登場しますよね。

なので耳をすませばを見たあとで猫の恩返しを見ると、2作品の共通点に気づきやすいと思います!

まとめ

ちなみにキャッチコピー「猫になっても、いいんじゃないッ?」は糸井重里さんが考えました。
テーマ曲「風になる」もおすすめな「猫の恩返し」は、ホッコリ優しい気持ちになれるジブリ映画です!