アニメ

無料で見れる「怪盗グルーの月泥棒」あらすじ、感想、ネタバレあり!

f:id:kishimakishima:20180718003230j:plain

今すぐ映画を見る≫

原題:Despicable Me  公開:2010年   上映時間:95分

ユニバーサルピクチャーズによる子供向けアニメ映画。

怪盗軍団ミニオンとそのリーダーを描いたドタバタコメディは子供に大変ウケ、映画「ヒックとドラゴン」のランキングを抜いたとか。

このシリーズで人気となったミニオンというキャラクターは、いまやいたる所で目にしますよね。

このページでは怪盗グルーの月泥棒のあらすじ、感想を紹介します!

怪盗グルーの登場人物

f:id:kishimakishima:20180619014357j:plain

グルー: スティーヴ・カレル (鶴瓶)
本作の主人公。怪盗軍団ミニオンのリーダー。盗みや嫌がらせなど、人々を困らせることが大好き!

マーゴ: ミランダ・コスグローヴ (須藤祐実)
グルーの元にやってきた三姉妹の長女。しっかり者で面倒見がいい。

イディス: ダナ・ガイアー (矢島晶子)
三姉妹の次女。好奇心旺盛で、トラブルメーカー。たまに現実的。

アグネス: エルシー・フィッシャー (芦田愛菜)
三姉妹の三女。純粋な性格で誰にでも友好的に接する。ミニオンとも仲がいい。

怪盗グルーのあらすじ

郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをすることが大好きな男。

世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月だった!!

グルーは、月を盗む為の秘密兵器「縮小ビーム銃」を手に入れるが、作戦決行の矢先にライバル怪盗・ベクターに銃を盗まれてしまう。

グルーは彼の家に出入りする三姉妹を利用して、何とか銃の奪回に成功したのだが、なぜかその三姉妹に懐かれてしまい、共同生活を送ることに…。

その後なんとか月を小さくして盗んだグルーは、約束していた三姉妹のバレエに行く。

しかしバレエは終わっており、なんとライバル怪盗から「お前の月を盗む」という犯行予告が届く。

不運なことにライバル怪盗は三姉妹まで盗んでいた…。

怪盗グルーのラスト

グルーは持ち前の知恵と便利アイテムを使いライバルを倒し、最後は三姉妹の可愛いバレエを楽しむ。

夜空にはグルーが宇宙に戻した大きな月が輝いていた…。

いかにもアニメ映画のエンディングって感じで、うまくまとまっている終わり方ですね。

感想

人を困らせることが大好きな、子供嫌いのグルーが三姉妹と触れ合い心を開いて行く物語がいいですね。

最初は子供たちを仕事の道具、みたいに考えていたのに、ラストは立派な家族になります。

子育て経験のある方は色々共感できるシーンが多いと思います。

キャラクターは可愛いし、音楽も明るくてポップ。

時間も95分と短く、物語はスピーディに進みます。

子供たち3人も性格が違うので、見ていて飽きません!

ラストもハッピーエンドなので安心して視聴できます(^^)


なぜ吹き替えが鶴瓶なのか?

でもね、一番の問題は吹き替えですよ。

なんですか鶴瓶って。

顔が怖くて、意地悪大好きな怪盗グルーの声があの鶴瓶ですよ!?

配役決めた担当者出てきて説明してください。

しかもなんで大阪弁なんですか。

舞台は大阪ですか?違いますよね。

ギャグシーンは別に大阪弁でも笑えていいのですが、シリアスなシーンで鶴瓶の声を聴くのは…、違うと思うんですよね。

ちなみに英語の吹き替えは「40歳の童貞男」のスティーヴ・カレルが担当しています。こっちは申し分なしです。

まとめ

子供向けアニメでも楽しめる、ほっこりしたい、そんな人なら大人でも楽しめるのがアニメ映画「怪盗グルーの月泥棒」です!!

今すぐ映画を見る≫