前情報「検察側の罪人」公開日、キャスト、あらすじは?すでに見た人の感想も紹介!

f:id:kishimakishima:20180803214738j:plain

検察側の罪人 

 上映時間:123分

 

公開は2018年8月24日(金)! 

 

主演は木村拓哉と二宮和也!

演技の上手な2人なので、キャストに不安はありませんね

 

原作もミステリー小説の雫井脩介なので、物語もぜったい面白い!

雫井脩介は人間の心情を描くのがうまい作家なので、その点が映画にどう反映されるかが楽しみです

 

このページでは「検察側の罪人」のあらすじ、キャスト、すでに見た人の感想まとめ、について紹介します

 

 

 

 目次

 

あらすじ

www.youtube.com

 

都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。

 

やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。

 

最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。

沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める…

 

最上の思惑がめっちゃ気になるストーリー!

 

すでに見た人の感想まとめ

f:id:kishimakishima:20180803214839j:plain

 

「ニノの感情を露わにする動の演技。キムタクの滲ますような静の演技。このコントラストが面白い!」

 

「映画は長さを感じさせず、一気に見終えたような充実感がある。堅さとエンタメのバランスが取れているので、最後まで見応え十分

 

「同じ事件でも被害者と加害者の視点では違う訳だから、正当性だって立場が違えば、いくつものシナリオが捏造出来てしまう。えん罪の恐怖に触れているところも良かったです」

 

「サスペンスとか、法廷モノとか好きな人にオススメの作品。心理的駆け引きは終始ドキドキさせられる」

 

法廷サスペンス映画って面白い作品が多いですよね

 

 「推定無罪」「ザハリケーン」「フィラデルフィア」「それでも僕はやっていない」など。信念をぶつけるテーマが多いので、手に汗握ってしまいます。

 

www.kishimamovie.com

www.kishimamovie.com

 

キャスト

 監督:原田眞人

「日本の1番長い日」「SCOOP!」などの監督

 

木村拓哉:最上毅
二宮和也:沖野啓一郎
吉高由里子:橘沙穂
平岳大:丹野和樹
大倉孝二:弓岡嗣郎

 

 

原作は「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説

この作家さんは結構好きでして、「犯罪小説家」という小説を読んだ時はびっくりして震えるほどの衝撃を受けました

 

小説ってこんなに面白いんだと感動しました

 

映画化された「犯人に告ぐ」も面白かったですね

こっちは原作は読んでいないのですが、映画は観ました

豊川悦司が演じる刑事が「犯人に告ぐ。今夜は震えて眠れ」と言ったシーンは、もうめっちゃ怖かったです

自分が犯人になったような気さえしました

 

映画「検察側の罪人」にも、震えるようなシーンがあれば嬉しいです!

 

まとめ

 

2018年8月24日(金)公開の映画「検察側の罪人」

木村拓哉と二宮和也の演技と重厚なストーリーに注目です!

 

オススメ記事

www.kishimamovie.com

 

www.kishimamovie.com