ディズニー

映画「リメンバーミー」邦題の意味は?あらすじ、感想、ネタバレあり

f:id:kishimakishima:20180325223601j:plain

今すぐ映画を見る≫

原題:coco 公開:2018年 上映時間:105分

アカデミー賞長編アニメーション賞を取ったピクサー映画「リメンバーミー」

ミュージカル、ミステリー、アドベンチャー要素ありでとても面白かったです。

(めちゃくちゃ泣きました…)

キャッチコピーは「それは、時を超えてー家族をつなぐ、奇跡の歌

そこでこのページではリメンバーミーのあらすじ、感想、歌について紹介します!

*映画序盤でトイストーリーのリトルグリーンメンやバズ・ライトイヤーが登場するのでお見逃しなく!

リメンバーミーのあらすじ

メキシコに住む12歳の少年ミゲルは音楽が大好き!

しかしひいひい爺さんが音楽家としての夢を追いかけて妻のママ・イメルダと娘のママ・ココを捨てたという過去があることから、家には「音楽禁止」という厳重な掟があった。

 大家族だけど、みんなが音楽禁止ルールを守っている。

しかしミゲルは伝説のスターエルネスト・デラクルスに憧れ、将来は靴屋でなくミュージシャンになることを目指して、デラクルスのグッズを飾った屋根裏部屋で家族に隠れて自作のギターを弾いて腕を磨き、音楽への思いを募らせていた。

1年に1度だけ他界した先祖が家族に会いに来るという「死者の日」

日本で言うお盆の日。

ミゲルは写真に写る顔部分を切られたひいひい爺ちゃんが、実は憧れのエルネスト・デラクルスだと考える。

自分は偉大なミュージシャンの家族だと自信をつけたミゲルは、音楽コンテストに参加しようとするが、自前のギターを家族に壊されてしまう!

死者の国へ

f:id:kishimakishima:20180325224222j:plain

エルネスト・デラクルスのギターを借りてコンテストに参加しようとするミゲルはそのせいで死者の姿が見えるように!

さらに身体が透けて存在が死者に近づいてしまう。

夜明けまでに死者の国の家族に許しを貰わなくてはいけないミゲル。

しかし音楽は一生ダメ!と言われ、ミゲルはそれならいい!と、死んだ家族を振り切りひいひい爺さんのエルネストを探す。

ヘクターとの出会い

f:id:kishimakishima:20180325223229j:plain

ホームレスのようなおちゃらけた骸骨、ヘクターと出会ったミゲルは世界的スター・エルネストを探す。

道中、ヘクターがミュージシャンだったことを知るミゲル。

でも何やらわけありのようだ。

エルネストと再会したミゲルはそこで信じられない事実を知ってしまう。

なんとエルネストはヘクターを殺害し、歌とギターを盗みスターになっていたのだ!!

そしてミゲルはヘクターが自分の本当のひいひい爺さんだと知る。

2度目の死

死者は生者の国の人に忘れられると、2度目の死を迎え、光となって消えてしまう。

 ミゲルのおばあちゃんcocoは認知症で、父であるヘクターの事を忘れかけていた。

ミゲルはヘクターを含めた家族から許しを貰い、現実世界に戻るとcocoお婆ちゃんにリメンバーミーの歌を聞かせる。

リメンバーミーは、cocoお婆ちゃんにとって大切な曲だ。

記憶を取り戻したcocoお婆ちゃんのおかげで、死者の国のヘクターは2度目の死を迎えずに済む。

またお婆ちゃんに記憶と笑顔を取り戻したとして、いままで音楽禁止!だったミゲルの家族はミゲルの音楽好きを受け入れる。

リメンバーミーのラスト

1年後の死者の日。

生者の国に遊びに来たヘクターたちは、ミゲルの歌に合わせてダンスを踊り、みんな幸せに家族の時間を過ごすのだった。

感想

泣かないだろうと思っていましたが、泣きました!!

認知症のココお婆ちゃんが音楽で記憶と思い出を取り戻すって、泣かないわけがない。原題はcoco、つまりお婆ちゃんのこと。これはもうお婆ちゃんの物語といっても過言ではない!

主人公は少年ミゲルだけどね。

このミゲル君、とても夢に熱い男の子です。

ミュージシャンになるんだ!と言い切って、しかもギターの腕前がすごい。

才能があるっていう点は、ちょっと共感を呼ばないかもしれませんが、その代り彼には超えるべき困難が待ち受けています。

大好きな家族に音楽を禁止されていることです。

家族もミゲル君を想って音楽を禁止にしているので、両者間のすれ違いがなんとも心痛い。

最後には、多少強引ですがわだかまりが無くなるのでホっとします。

ミスリードがあったり、ちょっとしたミステリー要素もあるので、最後まで飽きずに鑑賞できますよ。

真っすぐで熱い想いを持ったミゲル君と、彼をサポートするひいひい爺さんヘクターのコンビが最高に愉快です!

邦題の意味

f:id:kishimakishima:20180325223258j:plain

リメンバーミーの意味は、私を忘れないで、私を思い出してね。

忘れてしまう事がとても重要な意味を持つ本作だからこそ、邦題はリメンバーミーになりました。監督も日本の邦題には納得しているようです。

普段、映画のタイトルを最悪なものに改変してしまう日本ですが、ディズニー映画ピクサー映画の邦題はどれも秀逸ですよね!

(カールじいさんの空飛ぶ家、アナと雪の女王など)

おすすめ映画「カールじいさんの空飛ぶ家」絶対見るべきピクサーアニメ!あらすじ、感想。

まとめ

リメンバーミーは、大切な家族が居る人に、ぜひ見て欲しいピクサー映画です!

映画を見る≫

合わせて読みたいピクサー記事

www.kishimamovie.com

www.kishimamovie.com