映画「海街ダイアリー」ロケ地はどこ?原作の最新刊は?あらすじ、感想。

 

f:id:kishimakishima:20180608191134j:plain

 

 

海街diary

 

公開:2015年   上映時間:126分  音楽:菅野よう子

 

 第39回日本アカデミー賞、最優秀作品賞受賞をした。

 家族のきずながテーマとなっているので、絆、勇気、愛、美人四姉妹という言葉が好きな人向けの映画。

 

 日本映画独特のゆったりとした展開が多いので、つまらない人にはつまらないです。

 

 でも鎌倉の穏やかな空気は気持ちよさそうです。

 

 

 

目次

 

 

あらすじ 

 鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。

 そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。

 

 葬儀が執り行われる山形へと向かった三人は、そこで父とほかの女性の間に生まれた異母妹すず(広瀬すず)と対面する。

 

 身寄りがいなくなった今後の生活を前にしながらも、気丈かつ毅然と振る舞おうとするすず。

 その姿を見た幸は、彼女に鎌倉で自分たちと一緒に暮らさないかと持ち掛ける。こうして鎌倉での生活がスタートするが……。 

 

 この映画の何がいいって、鎌倉で撮影しているので映像がきれいなんですよね。

 

 やっぱり鎌倉の街ってそれだけで絵になるというか。

 むしろこの映画の一番いい点はその風景にあるんじゃないかと思うのです。

 

 他のいいところ?

 

 4姉妹が美人で可愛い所ですかね。

 

 綾瀬はるか、広瀬すず、長澤まさみ、夏帆の4人がおくる日常をただ映している映画なので、終始絵が綺麗なんですよね。

 

 たぶん4姉妹の一人に、山田花子やバービーがいたら映画が成り立たなくなるってレベルで、この四姉妹は完璧なんです。

 

 芸人が居たらそれはそれで面白そうだけど。

 

 綺麗な女優さんが浴衣を着て花火をしているなんて絶対私生活じゃありえない、そんな場面をいっぱい見れる映画、それが「海街diary 」です。

 

ロケ地はどこ?

 

ここでちょっとだけ映画のロケ地を紹介します。

 

f:id:kishimakishima:20180608192346j:plain

「極楽寺駅」

 

f:id:kishimakishima:20180608192354j:plain

「七里ガ浜

 

f:id:kishimakishima:20180608192411j:plain

「佐助稲荷神社」

 

f:id:kishimakishima:20180608192453j:plain

「力餅家」

 

 海街ダイアリーのロケ地巡りをするのも楽しそうですね!

 

原作は?最新刊は?

 別にきれいな女優さんに興味ないですって人は原作のマンガをおすすめします。

 映像では映画に劣るかもしれませんが、物語という点ではやはりマンガが一番面白く、楽しめます。

 

 最新刊は2017年発売の7巻となります。

 

 

 

まとめ

 

 以上が海街ダイアリーのあらすじ、感想、ロケ地、原作紹介でした!

 たまにテレビ放送されるので、未見の方はぜひご覧ください。

 

合わせて読みたい 

www.kishimamovie.com