映画「リリーのすべて」キャッチコピー、あらすじ、みどころは?エディ・レッドメインが素敵!

f:id:kishimakishima:20180605144318j:plain

 

 

リリーのすべて

 

 原題:The Danish Girl 公開:2016年 上映時間:119分

 

 リリーのすべては伝記映画です。

 原作は世界初の性別適合手術を受けた人物・リリー・エルベを題材とした、デヴィッド・エバーショフによる小説。

 

  人によってはイマイチとの評判も…。

 今回はネタバレなしのあらすじ、見どころを紹介します!

 

 

 

キャッチコピー

 

 キャッチコピーは「あなたの愛で本当の自分になれた」

 

 本当の自分とは、女性である自分のことですね。

 主人公リリーは妻ゲルダに支えられるのですが、ちょっと支えられ過ぎじゃない?愛求め過ぎじゃない?という展開が多く存在します…。

 

 

あらすじ

 

 1926年、デンマーク。

 

風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。

 

それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。

 

ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく…。

 

f:id:kishimakishima:20160315113657j:plain

 

 

 妻のゆるぎない愛を描いた、妻の無償の愛、という言葉をよく見ますが、

本作の主人公であるリリー(夫)の心の葛藤にも注目して欲しいです。

 

キャスト

 

監督: トム・フーパー

 

アイナー・ヴェイナー / リリー・エルベ - エディ・レッドメイン(福田賢二)

 関連記事 ・映画「博士と彼女のセオリー」天才物理学者と難病。そして愛。あらすじ、感想、ネタバレ。

 


ゲルダ・ヴェイナー - アリシア・ヴィキャンデル(うえだ星子)
ハンス・アクスギル - マティアス・スーナールツ(津田健次郎)
ヘンリク・サンダール - ベン・ウィショー(鈴木正和)

 

まとめ

 

自分の性や生き方について今一度考えさせられる映画「リリーのすべて」

 

未見の方はぜひ視聴してください!

 

オススメ記事

 

www.kishimamovie.com

 

www.kishimamovie.com