キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

映画「となりの怪物くん」菅田将暉、土屋太鳳主演!あらすじ、ロケ地、キャスト、主題歌、漫画のラストは?

f:id:kishimakishima:20180416232851j:plain

 

 

となりの怪物くん

 

 公開:2018年  上映時間:105分

 

 

 累計発行部数600万部!人気少女漫画「となりの怪物くん」が実写映画化!

監督は「君のすい臓が食べたい」の月川翔監督です。

 

 少女漫画が原作な映画はたくさんあります。どれも似通った印象になるのはキャストが似ているからでしょう。

 

 公開は2018年4月27日(金)

 

 *前情報をまとめていますが、辛口な記事になっています。

 

 

 

目次

 

あらすじ

 

行動予測不能な超問題児の春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。

 

二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。

 

それ以来、春は雫を勝手に"初めての友達"に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白!

 

はじめは無関心だった雫も、やがて春の本当の人柄に触れて、次第に心魅かれていく。

そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。

 

マンガでのラスト

 

 マンガでは終盤、春の出生が明らかになる。

そして天才的な頭脳を持つ春はある研究所から声がかかる。

 

春は迷いながらも高校をやめ、雫とは離ればなれに。

 

しかし二人の心は繋がっている。

 

時が経って卒業式。

 

春は雫に会い、二人は変わらぬ気持ちを確かめ合う。

 

ラスト、雫と春は結婚する。

 

 大体の予想がつく映画

  

少女漫画を原作とした映画ってだいたい雰囲気が似ていますよね。

そして今回、春を演じるのは菅田将暉です。

 

またお前か!!!

 

いったいどれだけ少女漫画の実写化に登場すれば気が済むんだ!

 

邦画ってだけで私の期待値は低めですが、キャストが変わり映えしないとなると、あとはもう物語にかけるしかありません。

 

原作となりの怪物くんは昔読みましたが、まあよくある少女漫画です。

天才で問題児で一匹狼な男が、ヒロインを好きになる。

 

王道ですね!

 

だからこそ多くの女性に支持されているのかもしれません。

 

他の映画と同じパターンだったとしても、そこそこの興行成績を収めると思います。マンガを原作とした映画は人が入りますからね。

 

ただし月川監督は、他の少女漫画原作とは差別化して映画を撮ったと言っているので、王道ではない映画になっている可能性も!

 

ロケ地

 

f:id:kishimakishima:20180416232814j:plain

 

となりの怪物くんは、富山県の私立高校で撮影が行われました。 

豪奢でモダンな外観の同校で主に土日を使い、教室や校庭、体育館や中庭のシーンが撮影されています。

 

また千葉県の大学、神奈川、東京でもロケが行われました。

 

その中でも目を引くのは神戸の絶景デートスポットとしても有名な諏訪山展望台のヴィーナスブリッジです。

 

どんなシーンが撮影されたのか、楽しみですね!

 

主題歌 

映画となりの怪物くんの主題歌を務めるのは西野カナです。

タイトルは「アイラブユー」

 

不器用な春と雫をイメージして作曲したそうです。

CDの販売は4月18日!

 

キャスト

  

菅田将暉、土屋太鳳、

古川雄輝、山田裕貴、

池田エライザ、浜辺美波、

佐野岳、佐野史郎、速水もこみち

 

最後に一言

 

 原作マンガ、菅田将暉、土屋太鳳が好きな人向け!

 映画となりの怪物くんは4月27日公開です!

 

合わせて読みたい人気記事


www.kishimamovie.com 

www.kishimamovie.com