映画「バレット」キャストは?外国の評価は?あらすじ、つっこみ。

f:id:kishimakishima:20180611021649j:plain

 

バレット

 

 原題: Bullet to the Head 公開:2013年  上映時間:91分

 

 殺し屋!熱血刑事!復讐!肉弾戦!

 まさに男同士の熱いアクションがここにあります!

 

 上映時間が長くないので、気軽に視聴できますよ。

 

 午後ロー放送の中では割と評価の高い映画です。

 

 

 目次

 

 

あらすじ

 

 捕歴26回、有罪2回と、修羅場をくぐり抜けてきた殺し屋ジミー(シルヴェスター・スタローン)。

 

 相棒の復讐を遂げようと奔走していた彼は、やむを得ない状況から敵対するべき相手である刑事テイラー(サン・カン)と手を組むことになる。

 

 言葉よりも弾丸で全てを解決しようとするジミーと法と刑事の職務を順守するテイラーは、衝突を繰り返しながらも奇妙な絆を育んでいく。

 

やがて、そんな彼らの前にマフィアや警察、冷酷非道な殺し屋キーガン(ジェイソン・モモア)が立ちはだかる。

 

 

 これぞ午後ローという映画でもあります。

 

 なぜならシルベスター・スタローンの肉弾戦、銃撃戦がこれでもかというくらい楽しめるから!

 

 いやー、やっぱりシルベスター・スタローンは濃いですね。

 ムキムキの肉体、両肩のタトゥー。

 めちゃくちゃ強そうですが実際めっちゃ強いです。

 

 彼が演じる殺し屋が弱いなんてありえませんが…。

 

 無骨な映画と言えばそうなんですけどね。

 繊細さもオシャレさも無いので。

 

 でもそこがいい映画でもあります。

 

 つまり安いビール片手に柿ピーでも食べながら「ウオー」と見るのがちょうどいい映画ってことです。

 

 

ウオーーッ! 

f:id:kishimakishima:20180611021737j:plain

 

  ラストバトルは特に必見です。

 ムキムキ男2人が斧を振り回し戦うのです。

 斧ですよ、斧。

 

  なんて乱暴なんでしょう!

 

 でもシルベスター・スタローンだから絵になります!

 

人がバンバン死ぬよ☆

 

 この手の映画ではよくありますが、人が簡単に死にます。

 でもそこに引っかかっていては先に進まないので、受け流して視聴しましょう。

 

ロッテントマトの評価

 アメリカの映画評価サイト「ロッテントマト」の評価はフツーでした。

 平均点5.1/10ということで、可もなく不可もなしって感じでしょうか。

 

 詳細が知りたい人は以下のリンクへ飛んでください。

 全文英語です。私は全く読めません!

 

www.rottentomatoes.com

 

 

 まとめ

 「バレット」は良い意味で男臭い映画です。好きな人はほんと好き。

 

  ストーリーはあってないようなものですが、

 80年代の味のあるアクションが好きな人にはオススメです!!

 

 映画バレットはAmazonプライムビデオで鑑賞できますよ。

 

合わせて読みたい人気記事 

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

kishimamovie.hatenablog.com